スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
私の東京〜こきょうととうきょう〜
こんにちはわわわ!!
「私の東京」のテーマもあっというまに最終回になってしまいました、
アンカーを務めさせていただきます、もこです!!!

いやーようやく8月に突入し、夏休みが訪れてくれました!
7/31の最後のテストを終えたときは
いろんなことをなんとか乗り切ってきた前期が終わったという
安堵感と充実感と解放感でじ~んとしてました(泣)
もちろんその要因としては3年になってから始まったゼミが大部分を占めてます(笑)
夏休み後半にはゼミ合宿があり、夏の課題もあり(戦慄)、ゼミナール大会や文化祭などなど
今後もゼミに関する行事が目白押しです!
リア充ゼミ(←)として、満喫していきたいと思います!(わーい


ちなみに私はテストが終わった流れで府中市の市民プールへ直行し
(先日ゼミにて東京について話していた時先生が「あれはもう市営のレヴェルじゃない」
とおっしゃってたので、これは行かな!!と思い早速行ってまいりました)、
さらにレイトショーで「風立ちぬ」を観てきましたー^^
ブログを読んでくださってるみなさんはもう観ましたかねー?
翌日はヒカリエ上の東急オーブシアターへ、ブロードウェイミュージカル「DREAM GIRLS」を観に行き、
早くも夏休みを満喫しております♪



さて、余談が長くなってしまいましたが本題に入るとしませう

私は茨城県の北~の海~の方から東京へ出てきてまして、
今は府中市内で一人暮らしをしてます。

そんな私にとっての東京とは、「故郷を思い出させてくれる場所」です。


いやー東京っていいですよね!
3年目にして渋谷・新宿・吉祥寺らへんの地理も迷わない程度に分かってきて、
路線も少しずつ把握し、乗り継ぎとかも比較的スムーズにできるようになってきました(泣)
どこに何があるかが分かるようになって、やっと楽しいと思えるようになってきたところです。時間かかりました

前述のようなミュージカルや、みんなが過去に書いてる展覧会なども気軽に行けるのは東京の魅力だと私も思います。
それに町行く人々みんなお洒落でかっこいいしかわいいし、目の保養になります。←

私が住んでる府中市ですが、先生もおっしゃってた通り、本当に!住みやすい!!
規模は大きくないものの、京王線府中駅周辺から徒歩20分以内には
デパートがいくつかと映画館、図書館、商店街、市役所、警察署、競馬場、プールなどなど
公共施設も商業施設もある程度近場で全部そろうので、大変便利なのです。
また、府中駅前のけやき通りは季節によって異なる姿を見せてくれ、
自然が多くない駅前に季節感を添えてくれるお気に入りの道です^ ^
(写真は秋頃撮ったものなんですが、風に木の葉が舞ってすっごく綺麗なんです!)

A7o8sNrCUAAmYn8_20130803132015498.jpg


けやき通りのつきあたりには大国魂神社という実は有名?な神社もあって

a0127090_1464721_20130802151825682.jpg

なにかと機会があるとしょっちゅうお祭したり屋台出てたりします。






一方茨城県の実家の近くはというと、なーーーんにもない(笑)

見渡す限りの田んぼ、山、川、海などなど。
一応自転車で行けるところにスーパーもコンビニもあるので
強調するほどのド田舎ではないし、住みやすいといえば住みやすいんですが、
なんといっても娯楽施設がない!!笑
以前市内に2~3か所あった映画館も数年のあいだにすべて潰れ、
かつてにぎわっていたイ●ーヨーカドーも人気がなくなり、中に入っていたお店も次々撤退。
市内では比較的大きな駅であるにも関わらず、いまやマ●クさえないんですよ!
(マックは娯楽施設じゃないですけど(笑))

今はもう買い物に行く~映画を観る~となると
車で片道1時間以上かけて大きなアウトレットモールに行くという流れになります。
いや東京の生活と比べると不便極まりないですな(笑)


こんな地元に、若かりし頃の自分は不平不満の大嵐。
高校の頃はとにかく東京へ行きたくて仕方ありませんでした。
ありがちな上京願望で、特に何がしたいとかあった訳じゃないんですけど
都会に憧れるあまり、地元を卑下しすぎて
完全に「これだから田舎は」状態だったんですね。
大学も「とりあえず東京のどっか!」くらいに思ってました。


でも、そんな故郷を離れてからはその良さや大切さが見えてきました。
娯楽施設がなくても、田んぼがあって虫や蛙に慣れたり(好きじゃないですけど)
川で釣りができたり(したことないですけど)、
緑・紅葉・雪化粧と順番に姿を変える遠くの山を見て季節の変化を感じたり、
小学生のあいだは毎年恒例行事で6月に潮干狩りに行ったりと、

自然豊かな田舎でしか味わうことのできない幼少時代を送ることができたんだなあ、と
最近しみじみ思います。


東京に来てからの生活を振り返ってみると、
東京は便利で何でもそろうし大好きなまちだけれど、
地元にあるものがないな、と思います。
それは私が無意識のうちに持っていた、故郷に対する思い入れや愛情の差によって感じるものだと思っています。


ゼミの入室面接の時に宮本先生に「将来の夢ってありますか?」と聞かれたときに、
「近い将来に対する夢はないんですけど、老後の夢ならあります」と言って
田舎で愛するおじいちゃんと一緒にスローライフを送る夢を、春夏秋冬に渡って語ったことがあります。

…あほだーーー(笑)


でもそんな田舎でのスローライフというのは、もちろん故郷での生活に基づいた夢です。
それに気づいたとき、ハッとしました。
あれ、東京に憧れてたはずなのに田舎で過ごしたいと思ってるんだな、って。


最近は大学に入ってから出会った人に故郷の話をするときは
どこか誇らしい気持ちでいます。
そんな風に、故郷を愛する人間に私を変えてくれたのが、東京なのです。

私は驚くほどに愛校心とか愛国心とか無い人間なので、
地元愛の心が生まれたことに正直驚いています(笑)


では最後、今年の年明けに家族で初日の出を見に行った地元の海で締めくくりたいと思います!
実家から海までは車で10分ほどの近さで、小さいころから頻繁に海に遊びに行っていたので
ぶっちゃけ今はもう海飽きた状態なんですが、(笑)

421774_390091934418772_240566417_n.jpg

素敵でしょ^^?



以上長くなりましたが、これで「私の東京」シリーズ終了です!
色々な東京の話を通して、今まで自分が思っていたのとは一味違った一面を持った東京を楽しむことができました!
みなさんの新しい「東京」は見つかりましたか^ ^?




スポンサーサイト
2013/08/02 | 私の東京 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
私の東京〜渋谷2.5D〜
こんばんはー!
今回の担当は清水です!
今日で試験期間も終わり、私も先ほど最後のレポートを提出しついに夏休みがやってきました…!

さてさて、私の東京といえば、渋谷です!
ちなみに私は埼玉出身なのですが、やっぱり渋谷に行くと東京すごいな〜と感じます。
その理由は渋谷のとある場所にあります…
それはパルコの中にあります…(どこでしょう!)
tokyo1.jpg

好きなショップが多いし居心地の良さから109よりもマルイよりもパルコが好きです。
数年前には、パルコ前で大好きなももクロのゲリラライブを観れたりと
パルコには感謝してもしきれません。(泣)

さて、正解発表します…!
私が最近よく行く渋谷のとあるところとは、
パルコの6階にある2.5D(ニー・テン・ゴディー)です。
(今日もライブを観に行ってきました。笑)
公式サイトによると、2.5Dは「10年代の新しい日本のポップカルチャーを再構築することを目的にした、<ソーシャルTV局>」で、
2012年の9月にリニューアルオープンしたスタジオです。
ここに行くと様々なライブやトーク、DJなどを観ることが出来ます。
また、ソーシャルTV局という名の通り、ほぼ毎日ライブストリーミング配信を行っているのが2.5Dの特徴です。

私はアイドルのライブに行くのが趣味なのですが、
ここ2.5Dでライブが行われることも多いです。
2.5Dの入口には今までのゲストのサインが飾られていたり、
tokyo2.jpg
横の壁面には、現在は新潟出身のアイドルNegiccoの写真が展示されていたり、と
tokyo3.jpg

予定が無くてもスタジオの前を通るだけで楽しいです。(笑)



2.5Dが他のライブハウスと違うのはステージの壁面が大きなスクリーンになっていることです。
ステージの真後ろと左右の三面にVJさんによる映像が映し出され、
2.5Dのライブでは他ではない盛り上がりを観ることができます!
実際、背景にそのアイドルのロゴが映し出されるだけで、
めっちゃアガります。笑
また、後方のモニターではライブストリーミング視聴者のコメントも見ることができます!
こういった新しい技術とともにライブを観れる会場は
私の地元にはないので行く度にわくわくします!

高校生のときから何度か渋谷には行っていましたが、
大学に入ってからは東京方面への定期をゲットしてよく行くようになりました。
その頃から私の中で東京=渋谷になったのだと思います。
(だって大学に行くのと同じくらい毎日のように渋谷に行っているのですから…)
天井が高くて大きなミラーボールがあるSHIBUYA AXや映画館を改装したWWW、
SHIBUYA O-EASTなどたくさんの魅力的なライブハウスが渋谷にはあります。
その中でも、最新のライブを気軽に(パルコに立ち寄るだけで!)楽しめる2.5Dは、私の好きな東京らしい場所と言えます。


読んでいただいてる方の中にも行ったことある人はいますかね。。
ustreamでも楽しめますが、是非直接足を運んで2.5Dの楽しさを体験してみてください(*^^*)/
以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

いよいよ次回はラストです!
もこさんお願いしまーすヽ( • ̀ω•́ )ゝ✧
2013/07/31 | 私の東京 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
私の東京~新宿、そして本屋さん
こんにちは、李楠です、今回のブログを担当させていただきます、よろしくお願いします。
前期はようやく終わりました、みなさんはお疲れさまでした。
振り返ると、前期の活動は多かったです、美術館に行ったり展覧会に行ったりしておもしろかったです、これからのゼミ活動も楽しみにしています。

では、さっそく今回のテーマ「私の東京」に入っていきたいと思います~

 私は日本語学校で2年も勉強しました。そして、いまは明治大学の中野キャンパスに通っています。家からどちらに行っても必ず「新宿」に通ります。それで、学校のあとはいつも新宿でふらふらしています。特に日本語学校時代、学校はすぐとなりの大久保にありました。また、友達のおおくも新宿の辺り住んでいました、私はほぼ毎日行っていました。新宿は買い物も便利だし、レストランも多いし、にぎやかな雰囲気も親しい感じがするので、つい、好きになってしまいました。私の東京は新宿です、自分にとって、新宿はすでに庭のようなところです。

 
 この新宿では、一番好きなところはモード学園コクーンタワーの近くにある本屋さんです、よくそこへ遊びにいきます。

 遊びと言っているのは間違いではありません、本当に楽しいところです。

 image (1)
まず、この本屋さんの雰囲気は非常にいいです。内装のデザインは非常にオシャレで、高級ホテルに負けないぐらいです。そして、ここにいる人たちはあまり声を出さなくて、快いほど静かなところです。そして、音楽も流れていて、喫茶店に似ています。
 また、ここは非常に大きいです、しかも2階もあります、ここに散歩に来たとしても、怪しい人と思わないほどです~
 以上のことで、私は悩んでいるところに、この「本の森」で散歩して、気分転換としています。

 しかし、本当に楽しいことは本を読むことですね。
 国によって本屋さんに置いといている本はかなり違います、文化の違いも原因ですが、すべての本が翻訳されることはできないも原因の一つです。ですから、ここでは新しいものに触れることが可能です。
 たとえば、こんな本もあります!!!!image (2)

中国では、絶対に売っていません!ここではこんな本は意外にたくさんあります、このような本にはうその話しもありますが、新しい視点から中国を見ることもできます、外国の本を読んで、自国のことは知るのは微妙な感じがします。もし、みなさんも外国に行くことがあったら、自国に関する本を1冊ぐらい読むことはおすすめします。
 
 内容はもちろん、本のデザインもいいです。どの本の外見をみても、美術品みたいで、読みたい気持ちが一気に溢れて、立ち読みで丸一冊読んだことがありました。
image (4)


 たぶん、日本の本はどこでも同じと思うので、やはりこの新宿の本屋さんの話に戻ります。


この新宿の本屋さんは非常に人気です、たまにイベントも行います、有名な作者を誘って、ここで読者にサインをしてあげます。

 この本屋さんは大きいため、たくさんの本が揃っています、別の本屋さんにない本はここでは必ず見つかります。
 本屋さんは読者とのコミュニケーションにも重視しています、おすすめの本はポスターではなく、手書きのpopで展示しています。そして、デモの本に重要なポイントを見せるためにページに本の帯をつけている場合もあります。私は本屋さんから読者に本の面白さを伝えたい熱意に感動しました。image (6)

 というわけで、私の東京は新宿の本屋さんです。この本の森で悩みを忘れて、たくさんの知識と出会いました。確かに、渋谷にもいい本屋さんがありますが、そういうファッションの雰囲気が溢れている町で本を読む気はなかかななりません。それと比べると、新宿の本屋さんは学校の下に隠されていて、落ち着ける環境が整っており、私にとって仲間のように、非常に親しい存在です。
image (8)    image (9)

 
2013/07/29 | 私の東京 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
私の東京〜あそび場〜

こんにちは!今回の担当は高柳です!よろしくお願いします!
宮本ゼミ4期生は期末の論文提出を明日にひかえ自分の論文を見返し
ああでもないこうでもないと頭を悩ませている頃でしょうか…
(かく言う私も頭を悩ませているところなのですが…)


さてさて「私の東京」もだんだんと回を重ねゴールも近づいて参りました!
今までの記事を見ていると東京の外に住んでいてあまり東京に来る機会が無かった…
というゼミ生が割と多くいたような気がします。


私はというと4歳まで茨城県つくば市で過ごし、東京に引っ越してきました。


最初は「三ノ輪」という所に10年間住んでいました。
ご存知の方はいるでしょうか…
都電荒川線が通っていたり、五色不動尊のひとつである目黄不動尊があったり…と
少しマイナーながらもなかなか見所のある場所です。


それから2度目の引っ越しで今住んでいる「浅草」へとやってきました。
三ノ輪に住んでいた時からよく浅草には来ていたので引っ越したという実感も余り無く…


東京に住んでいると買い物に行くにも何か食べに行くにも都内が必然的に多くなり、
小学校、中学校の時は友だちと遊ぶにも近くの「浅草」でという感じでした。
みなさんにとって浅草は観光地のイメージのほうが強いかもしれません。


しかし、周りに遊ぶところが浅草しか無かった私にとって浅草は放課後になると
いつも友だちと集まっていた最高の「遊び場」だったのです。



という訳で今回は私にとっての遊び場である「浅草」を紹介して行きたいと思います。



まず始めは「浅草松屋」です!

DSC_0582_20130726165301.jpg

なんでこんなおばさま達が通うデパートに…と思うかもしれませんが、
ちょっとレトロな屋上遊園があり100円で動くパンダに乗ったりホッケーしたり…
普段なかなか行かないデパートを思う存分満喫していました!

残念ながら改装に伴い、屋上遊園が無くなってしまって少し寂しいです。



続いてこちら。

DSC_0590_20130726170129.jpg

どこだここ…という感じだと思います。
ここは「浅草ROX」というショッピングセンターでCD屋、本屋などがあります。
また健康ランドも併設していて浅草の住民には欠かせない施設なのです…笑


しかし、小学生時代のわたしのお目当てはここ。

DSC_0592_20130726170641.jpg

駄菓子屋「グッピー」です。
この駄菓子が所狭しと並ぶごちゃごちゃとした感じがたまりません。
小学生時代の私はお小遣いのほとんどをここで使っていました…

お金を持っていない事を忘れて、ひもで吊るされたトレーディングカードを引いてしまって
店員さんに怒られた事は今でもいい思い出です…
(その後、母親に来てもらってちゃんとお金を払いました笑)


続いて、たまに出来る贅沢といえば…

DSC_0586.jpg

「浅草花やしき」です。開園160周年になるそうです。凄い。
その長い歴史を感じるジェットコースターは「怖い」ことで有名です。
(ジェットコースター自体が古く、ガタガタ鳴って怖い。)
小学生のお小遣いではなかなか行けないのでお金を貯めて行った思い出があります。

父親に初めて連れて行ってもらった遊園地が花やしきでした。




こうして見てみると遊ぶ場所が少ないながらも知恵をしぼって遊んでいたんだなあと
小学生や中学生時代の自分に感心を覚えます。

当時、浅草で毎日遊ぶということは私の中では特別なことには感じられていませんでしたが、
よくよく考えてみるとなかなか貴重な体験だったんだなあと。


という訳で「私の東京は遊び場」いかがでしたでしょうか。
浅草に観光に行く際の参考にもなるでしょうか…


最後におまけとして「アンヂェラス」を紹介しておきます。
DSC_0583.jpg

知る人ぞ知る洋菓子店です。
手塚治虫さんが通っていたことでも有名なので、宮本ゼミに少しでも絡めたくて紹介させていただきました。
このお店の名物「アンヂェラス」おすすめです。ぜひ食べてみてください。


それでは長くなりましたがこの辺で失礼します。
次回の更新もおたのしみに!


2013/07/26 | 私の東京 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
私の東京~聖地→日常の一部~
こんにちは!
今回ブログを担当させていただきます渡辺です。よろしくお願いします。
昨日は前期最後のゼミ、また授業でした。
ゼミの後には、土屋さんが夏から留学に行くため、
いってらっしゃい会・前期打ち上げがありました!とても楽しかったです!
焼肉も美味しかったし…幹事の薄葉くんありがとうございましたー!
もえぴーがんばってきてね!

ミヤモゼミ前期の活動を振り返ると、なかなか課題がきつかったりもしましたが、
半年でかなり頭の使い方も変わってきたかなと実感しております。
ゼミ生のみんな、宮本先生、お疲れ様でした!



さて、本題に入りたいと思います。

これまでもたくさんいましたが、私も育ちは埼玉県さいたま市。
大学に入るまでは、遊びに行くなら大宮か浦和。
正直、埼玉も街へ出ればたいていのものはあるので、
特に不自由も感じませんでした。

また、両親とも東京出身なので、毎年ことあるごとに東京には行っていました。
しかもどちらの実家も下町寄りで、家の周辺以外には出かけなかったので
羨むこともなく、東京への憧れはあまり抱きませんでした。

どちらかというと、移動が億劫だなあとさえ思っていました。

そんな私の心を猛烈に東京に駆り立てたものは何か。


そう。アニメでした。


基本的に自分のことはにわかオタク、しかもミーハーだと思っている(最近は脱オタしたとさえ思っている)のですが、
そんな私は受験期になると、猛烈にアニメにハマりだす習性があるのです。
高校受験の時はハルヒ、エヴァ、とらドラ、

大学受験期には


デュラララ!!


にまんまとハマってしまいました。
お話も面白いし、絵もなんかオシャレだし、声優さんも豪華だし、何よりキャラが立ちすぎていて、
わたしは情報屋O原さんに夢中になりました。


この作品の舞台は、そう、池袋


作中では池袋の街が忠実に描かれているため、
一緒にハマっていた友達と、受験が終わったら絶対に池袋に聖地巡礼に行こう!!
と固く約束したのでした。
こんなに都内の街に執着したのは初めてでした。

大学受験も終わり無事第一志望の学部にも受かり、ついに私は池袋の街に足を踏み入れ…

たかと思いきや、熱しやすく冷めやすいわたしの性分のせいで、
その頃にはほぼデュラララブームは私の中で終了しており、聖地巡礼には結局行かずじまいでした。

と、いうわけで
ゼミブログのために、行ってきました聖地・池袋!!笑


ちなみにOP映像はこちら。

デュラララ!!OP映像

このOP映像を参考に、聖地巡礼してきました。

まずはこちら。

一番最初に高校生三人が立っている、ト音記号のモニュメントがある場所。

聖地1


次に、首なしライダー・セルティ・ストゥルルソンがバイクで駆け下りてくる映画館前。
かあっこいいですね!!
この辺りは皆さんご存知だと思います。

聖地2


続いて、金髪のバーテン姿の取り立て屋・平和島静雄が郵便ポストを投げているところ。
ここ、建物の色が変わっていて探すのに一苦労でした。
写真じゃわかりにくいかもしれません。

聖地3

向かいにはちゃんと破壊されていた消火栓もありました。

聖地4

最後に、闇医者・岸谷新羅が登場する、ボウリング場前。
作中だと、ここの向かいに露西亜寿司というちょっと怪しい回らない系のお寿司屋さんがあるのですが、
勿論それは実在しませんでした。

聖地6



うーん、久々に血がたぎりました。
文面には表れていませんが、巡っている時のテンションはもう、それはもう高まりまくりでした。
一人でしたが。
意外と行ったことがあったり、当時から景色が変わってしまっていたり…。
もう一度アニメを見直したくもなりました。
皆さんも興味があったら見てみてください!

当時からしたら聖地だった池袋ですが、
今では定期圏内な上、池袋の某カフェでバイトをしており、
今や私にとって最も身近な駅になっているのです。

でも、こんなに池袋に通っているのに通りの名前も知らなくて、
聖地を探すのは大変でした。

もともと通っていることもありますが、
今回聖地巡礼をしつつ迷いまくっていく中で、池袋の街を改めて見直せて、
さらに愛着を持てた気がします。

余談ですが、
先日、スポ大の打ち上げで先生やみんなから「池袋には埼玉県民しかいない」、
とか色々と言われたそばからこんな話をしているので、
若干恥ずかしい感がありますが、気にしないことにします。

というわけで、私にとっての東京は、

「聖地→日常の一部」

ということで、まとめにしたいと思います!


しかし、こんな感じの話をするのはゼミ生にも始めてな気がします。
のでちょっと恥ずかしさはありますが、
サブカルゼミっぽいし、ミヤモゼミ的にはアリですよね!

それでは、次回は高柳さんです!
楽しみにしていますー!
2013/07/24 | 私の東京 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。