スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
仮想の世界から何かを召喚するとしたら~関西弁で黄色いちっちゃなアイツ~
こんにちは!今回でラストとなります「仮想の世界から何かを召喚するとしたら」、
最終回はわたくし、村岡が送らせていただきます!

皆も言っていますが、3年の11月って何かと焦る時期ですね~
文化祭でラピュタパン作ってたのなんてついこないだなのに…生きるのがつらいです。
まぁとにもかくにも、このコーナー元気にやっていきますよ!

はい、私が今回召喚するのはアイツです。この長いタイトル読んでも分かるか微妙なとこだと思いますが、カードキャプターさくらのケロちゃん(ケルベロス)です!!!

もう、とっっっても好きです。大好きです。
このテーマ、閃いた時からコイツでしか書けないと確信していました。
一応知らない方のために絵を投下しておきます↓
20131129015826dfa.jpg

数多くのオタクを世に生み出したことで有名なNHKの鉄板アニメ「カードキャプターさくら」。
主人公の小学5年生・木之本桜といつも一緒に行動しているのがケロちゃんです。
大まかなあらすじを言うと、自宅の書庫である本を手にとると中に入っていた魔法のクロウカードが四散してしまい、その本の封印の獣だったケロちゃんに力をかりながらカード集めをしていく、という内容です。
上にあげたケロちゃんは仮の姿で、マスコット的存在です。この時は魔力が足りずにぬいぐるみのような姿でいます。
しかしさくらがクロウカードを多く集めてくるとライオンのような本来の姿を現せるようになります。本来の姿になるとワイルドで渋みのある声なんですが、この仮の姿の時が全てにおいて最高にかわゆいのです…!

特に、毎回アニメのエンディング後にやっていた「ケロちゃんにおまかせ」のミニコーナーが大好きでした。セリフで「こにゃにゃちは~」から始まり、「ケロちゃーんチェーーック!!」と締めの「ほなな~」が、たまらないのです(*゚▽゚*)
目が点のように小さいのにしかめっ面もできるし、大好きなたこ焼きやお菓子を食べる時の大きく開けた口、ゆらゆら動く尻尾、人にバレないように固まる姿などかわいいポイントはあげればキリがありません。
「ほえ~」や「はにゃーん」など数々の名言を残してきたこのアニメですが、ケロちゃんも負けていないですよ~?

気になった方は是非ニコ動でもようつべでも調べてみて下さい♪
ケロちゃん動画かなりあります笑


さて、こんなケロちゃんが私のところに召喚されたとなると―――
まずは机の横の引き出し一段目に寝床を作ってあげます(´▽`)
これからここで暮らすんだよ~なんて会話しながら、
ケーキやらたこ焼きやらを食べさせて、ゲームもやらせて一通り満足してもらいます。

やっぱり自分だけが知っているドキドキ感も残しておきたいので家族には内緒です。
そしたら我が家の黒犬と茶犬に面会してもらいます(動物はだませないと思う)。

そんなこんなで初日は終わって、それからは肌身離さず持っているスマホみたいに一緒にいたいですね!
今は冬なので、コートのポケットとかにしのばせて大学にも行ってみたいです。
はあー日常が楽しくなりそうです♪♪

最後に、私がカードキャプターさくらで好きなところは悪役キャラでも性根が腐っていないところ。
最近青年向けマンガを読んでばっかで心が荒んでいましたが、このアニメは本当にピュアな気持ちになれます。ピュアッピュアです。

中学・高校と受験期迎える度に見返してきましたが、
今年も就活で疲れたら見ようと思いました。


これにて「仮想世界から何かを召喚するとしたら」シリーズは終わりです!
次はどんなシリーズが始まるのでしょうか…?わくわくです!
スポンサーサイト
2013/11/29 | 仮想の世界から何かを召還するとしたら | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
仮想の世界から何かを召還するとしたら〜可愛いけどかっこいい漢〜
こんばんは!本日担当の薄葉です。
やらなきゃいけないことはたくさんあるのに、ひたすら現実逃避に打ち込む、今日この頃です。いよいよ本格的に冬到来ということで、皆さんしっかりと寒さ対策していきましょう!ヒートテック欲しい。。。

さてさて本題の「仮想の世界から何かを召還するとしたら」ですね!あれこれ悩みましたが、僕が今回召喚するのは、こちら!

写真-3

お分かりの方も多いと思いますが、WALL・E(ウォーリー)です!
前回の橋本さんとキャラが被ってしまいますが、すみません。。。
WALL・Eは2008年に公開されたディズニー(ピクサー)映画『WALL・E』に登場する、ゴミ処理ロボットです。
僕、この映画大好きなんです。普段ディズニー映画をあまり観ない僕が、なぜかこの『WALL・E』だけは映画館で観ました。

あらすじはというと、はるか未来、人間たちはゴミによる汚染のため住めなくなった地球を去り、宇宙船の中で暮らしていました。その人間たちが去った地球では、WALL・Eという量産型のゴミ処理ロボットがたった一体になってもなお、黙々とゴミ処理を続けていました。WALL・Eには感情があります。そしてある日、宇宙船から派遣された探査ロボットEVE(イヴ)に出会い、彼女に一目惚れをし、なんとかEVEの気を引こうと努力しやっと仲良くなりますが、あることによってEVEが宇宙船に回収されそうになります。WALL・EはEVEを追いかけ、ついに自らも宇宙へ飛び出し、EVEを取り戻すために奮闘する!といった感じです。

では無事に召喚出来たということで、まず、愛でます。
もちろんこのフォルムが可愛いですし、なによりWALL・Eには感情があるので、嬉しいときは嬉しい仕草、怒ったときは怒った仕草、そして悲しいときは悲しい仕草をします。
機械といえども、そのひとつひとつの仕草が本当に繊細で細かくて、キューンとするんです。色々いたずらして、じゃれたいです。

次に、WALL・Eは本来ゴミ処理ロボットなので、とりあえず一緒に散歩しつつ町をキレイにしようかなぁと。それに、僕の家庭では今まで犬を飼ったことがないので、散歩することにちょっとした憧れがあります!(一緒に散歩してる姿を想像したらなんともシュール...)。

最後に、WALL・Eは僕の憧れでもあるんです。
作品を観たことがある方は分かると思うのですが、彼は一目惚れしたイヴの気を引こうと、控えめながらも努力し、彼女が動かなくなったときはずっと彼女のそばに寄り添い、そして、おっちょこちょいな面はありますが、彼女のために命を懸けて行動します。
惚れた女性のために命を懸ける、まさに漢の中の漢(泣)!!くぅぅ(泣)!!
そんな彼の後ろ姿を実際に見て、僕も何かを学べたらいいなと思います。弟子入りします。させてください。


とまあ、少し長くなってしまいましたが、今回はこの辺りで閉めさせていただきます。
もし『WALL・E』を観たことがない方がおりましたら、本当にオススメします!泣けますし、キューンキューンしますよぉーー!!

最後まで読んでいただきどうもありがとうございました。次回の更新で遂にこのテーマもラストになります!お楽しみに!

2013/11/27 | 仮想の世界から何かを召還するとしたら | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
仮想の世界から何かを召喚するとしたら〜あの有名なアンドロイド〜
こんにちは〜
本日ブログ担当の橋本です。よろしくお願いします!

もう11月も終盤になってしまいました。この1年本当にあっという間でしたね。なんだか年々、月日が経つのが早くなっているように感じるのですがこれって私だけでしょうか… 特に11月になってからの1週間が驚くほど短く感じます。

これから色々なことがあって(お察しください)現実逃避したい気持ちでいっぱいです。南国のリゾートでのんびりしたいですな。

さて、今回のお題は「仮想の世界から何かを召還するとしたら」でしたね!

私は、あのSF映画で有名なアンドロイドを召喚したいなと思います!!
R2-D2!.jpg


書いてみました〜。どうです??わかって頂けますよね??
R2-D2です^^
R2-D2は、SF映画「スターウォーズ」シリーズに登場する、宇宙用のアストロメク・ドロイドです。

宇宙船や電子機器のオペレートが主なお仕事で、宇宙船の操縦から、電子や機械の処理、映像の送受信など様々な能力を持っているんです!
真空の宇宙空間や極寒の雪原、水中までも高い環境適応力で活躍できるように設計されているのだとか。(Wikipedia参照) 

そして彼は能力だけでなく装備も充実しています。カメラや工具はもちろん、なんと消火器も搭載していて、さらにドリンクを置くスペースまでもあります笑

あんな可愛いフォルムにもかかわらず何でもできてしまうんですよ〜 
もし召喚できたら、車の運転も任せられるし、パソコンが壊れた際にもすぐに直してもらえます! 
パソコンのインターネットの接続って複雑だし、自分でやるのって本当に大変じゃないですか。そんな時に彼がいたらささっとやってくれそうですよね。機械が苦手な方にとてもおすすめです。 
最強に便利です笑 切実に欲しい!! 

私がR2-D2を召喚したいのは、便利だから!という理由だけではありません!笑

R2-D2は人間の言葉も理解することができます。彼は電子音による機械語でしか喋ることができないのですが、文字表記で意思疎通をすることは可能みたいです。

スターウォーズを見たことがある人は知っていると思いますが、なかなかに感情豊かなんです。
嬉しいことがあると、体をガシャガシャと揺らしたり、何かを爆発させてしまった時などには「うわあぁぁぁぁ〜!!!」と悲鳴に近い電子音を発するんですよね。アンドロイドとはいえ、可愛いです! 

一緒にいたら楽しいのではないかと思います!ペットのような癒しの存在でもあり、執事のようでもあり… 
スマートフォンと同様、肌身離さず連れて歩きたい存在になりそうですね。


仮想の世界から召喚するものとして、R2-D2を紹介しましたが、もう様々な科学技術が進歩した今、SF映画の世界は現実になりつつありますよね。

昨日NAVERのまとめで見つけたのですが、人工知能を持つロボットがセンター試験を受けたところ、8科目中3科目で全国の平均点を上回ったのだとか。

また、全身麻痺状態にある女性が、思考によってロボットを操作してチョコを掴むことに成功したという記事も見つけました。
すごい…スターウォーズでのシーンが現実になるとは..!

世の中はどんどん便利になっていきますね。将来、世界がどんな状況にあるのか気になります。もしかしたらスターウォーズの世界のように他の星に行くことができたりして! 夢が膨らみます!

このテーマも残り少ないですが、次回も楽しみですね〜 
最後まで読んで下さり、どうもありがとうございました!


2013/11/25 | 仮想の世界から何かを召還するとしたら | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
仮想の世界から何かを召喚するとしたら~初代ポケモンのアイツ~
こんにちは!
今日の担当は山内です。
夏休みを挟み久々のゼミブログ更新なので完全に感覚を失っています…。
なんだか緊張します(笑)

さて、今回のお題は
「仮想の世界から何かを召還するとしたら」
でしたね!

ワタクシ、かれこれ1週間ほど悩みましたが

結論は…ポケモンの、サトシのリザードンが欲しいです!!

随分と幼い頃からテレビで見てきたし、やっぱポケモンでしょ!!と思い至った次第であります。
菊池さんも田村さんも召喚したいものはポケモンでしたね~!やっぱり世代だからでしょうか。
私は小さい頃からポケモンが好きで劇場版ポケモンシリーズ第1作である「ミュウツーの逆襲」は
5回見に行きました(笑)

少し話が脱線しました。
私が召喚したいのはサトシのリザードンなんですけど、
ポイントはただのリザードンじゃなくて、「サトシの」リザードンですね。略奪になりますね。

サトシとリザードンくんとの出会いはヒトカゲの頃にまで遡ります。
ヒトカゲは尻尾の炎が消えると死んでしまうのですが、それを雨の中サトシが必死に守るシーンが感動的でした。
そして仲間になり、リザードンまで進化します。何が起こってしまったのか、このリザードン、ヒトカゲの時とは性格が変わってしまい、素直ではなくなってしまいます。言うことを聞きません。
ポケモンリーグでは頼みの綱として繰り出したこのリザードンくんが勝手に寝てしまい、
試合放棄と見なされ負けてしまいます。
基本的にサトシは痛い目にあってばかりなんですよね…。

ここまでだと「そのリザードンのどこがいいんだよ」って思いますよね。
私も、ポケモンをテレビで見ていた当時は「言うこと聞かないなら逃がせばいいのに」と思ってました。

でも、私がポケモンで一番泣いたのがサトシとリザードンの別れのシーンなんです。

確かリザードンがいっぱいいる所に行き(うろ覚えですみません)、楽しそうに遊ぶリザードンを見てサトシがその場所にリザードンを預けることを決意するんですよね。

サトシの背中を追いかけようとするリザードンにうつむきながら「行けよ!お前はここにいた方がいいんだ」って言うところでリザードンの顔が切なくて、なんだかんだでサトシのこと好きだったんだなって思って号泣しました。いい歳して。ああ、リザードン…。

要約するとツンデレなリザードンに惚れたので召喚したいってことですかね(笑)

あと歳のせいなのか元々素直な子よりも、手のかかる子を育てたい!!と思うようになりました。

ということで、もしサトシのリザードンが召還できたらたっぷり可愛がって、
ちゃんと懐くように付き合い方を試行錯誤しながら一緒に旅してみたいですね。

この「仮想の世界から何かを召還するとしたら」シリーズはまだまだ続きます!
次のブログもお楽しみに!
2013/11/22 | 仮想の世界から何かを召還するとしたら | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
仮想の世界から何かを召喚するとしたら〜いっそフクフクにされてしまいたい〜
こんにちは!
今回の担当は渡辺です。よろしくお願いします!

ゼミブログ更新にあたり、もう一度みんなの書いたエントリーを読んでみたのですが…面白いですね!!
みんな個性的で後半になればなるほどプレッシャーが増しているような気がします(笑)

色々考えましたが、大好きな羽海野チカさんの作品、
マンガ「3月のライオン」より、川本家を召喚することにします!

3月のライオンは現役高校生プロ棋士、桐島零君を取り巻くお話です。(ざっくり)
零君は不幸な身の上で、17歳ながら一人暮らしをしています。
そんな零君は道端で倒れているところを川本家の長女、あかりに拾われます。
暖かい川本家に触れていくうちに、少しずつ零君の心が溶かされていくのです。

川本家のメンバーは長女のあかり、次女のひなた、三女のモモ、祖父の相米二さん、そして猫さんたち。お父さんは家を出ており、お母さんとお婆ちゃんはすでに亡くなっています。

少し複雑なバックグラウンドはありますが、一人一人個性的で、なんとも暖かくカワイイ家庭なのです!
あかりさんは料理上手でお母さんみたいだし、ひなちゃんは元気で明るくて思いやりがあるし、モモちゃんはちっちゃくてプニプニでむっちゃくちゃカワイイのです!!!マジ天使!!
この三姉妹がたまりません。

モモちゃんを膝の上に乗っけてほっぺをプニプニしながらちゃぶ台を囲んで、ひなちゃんの恋バナをウキウキ聞きながらあかりさんの作ったおやつをつつくのです。至福。
ああ、カワイイ女の子サイコウ!(黙りますすみません)

それに、なんと言っても、あかりさんの作るお料理たちがすっごく美味しそうなんです…。
前作、ハチミツとクローバーでも度々食べ物が出てくるんですが、ウミノさんが描く食べ物ってどうしてあんなに美味しそうなんでしょうか…
今作では、ガリガリの零君をフクフクにする(太らせる)ために度々お食事に招くので、食べ物の出てくるシーンがとても多いんです。
食へのこだわり(特にあかりさんとひなちゃん)の強さを見ても、あかりさんが料理上手なのは間違いありません。
あかりさんのお料理が食べられるなら、たとえフクフクにされてしまっても何の文句もありません…!

とまあ、今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

ちなみになのですが、私は自身のバイブルにハチミツとクローバーをあげるくらいには羽海野さんが大好きです。
去年、池袋で開催されていたにも関わらず行きそびれ、
そして今年の夏、関西方面で行われたゼミ合宿と期間がズレていたために行くことができなかった、京都での羽海野チカ展にいつまでも思いを馳せています。
昨日のゼミでもそうだったのですが、渋江さんが夏休みに羽海野チカ展でゲットしたハチクロクリアファイルが羨ましくて羨ましくて恨めしくてたまりません…!(笑)

余談が長くなりましたが、今回はこのあたりで締めさせて頂きます。
次はどんなエントリーになるのでしょうか?
お楽しみに!
2013/11/20 | 仮想の世界から何かを召還するとしたら | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
仮想の世界から何かを召還するとしたら〜世界で1番有名な?ビーグル犬〜
こんにちは。本日の担当は高柳です。
よろしくお願いします。

いやー段々と街もクリスマスの装いになってきて冬の到来を感じるこの頃です。
アルバイト先である銀座の近くを歩いていると、幸せそうに買い物をする人たちが溢れていて
羨ましいなあと思いながら仕事に向かっています…


さてさて本題に入って「仮想の世界から何かを召還するとしたら」なんですが…
うーむなかなか難しいお題だなあとうんうんうなって、いろいろな候補からこれだ!となったのが


世界一有名なビーグル犬と言われている「スヌーピー」です!


スヌーピーは言わずと知れたチャールズ・M・シュルツによって描かれた
漫画「PEANUTS」に登場するビーグル犬です。
二本の足で歩き、様々な格好に変装したりととても自由な性格の犬であることが作品を見ていて伝わります。



母親がスヌーピーを好きだった影響もあり、小さい頃からスヌーピーの小物などを持ち歩き、
今使っている洋服ダンスは母親から譲り受けた35年ほど前の物です…

そんな刷り込みがあったからか、わたしの中でもスヌーピーは好きなキャラクターのひとつで
グッズを見るとついつい買ってしまったり、カートゥーンネットワークでのアニメの再放送を見たりしています。



スヌーピーがもしわたしの家に来たらと考えてみると…
まずスヌーピーがわたしに懐いてくれるかどうかが問題としてあがってくるような気がします。


漫画の中でも飼い主のチャーリー・ブラウンの名前を覚えていなかったり、
彼が何か失敗をしたとき蹴りをいれるなんてこともしばしば…

そんな犬を自分が飼う事ができるのか…立場が逆転してこき使われそうな予感もします笑


ですが、一人っ子でずっと家で夜一人で留守番していることが多かったため、
ペットを飼う事に対してすごく憧れがあり、大学生になって留守番をすることが減っても
未だに犬を飼ってみたいなあと思う事が多々あります。

なので、スヌーピーがもし家に来てくれることになったら、たとえ私に懐いてくれないとしても
スヌーピーが嫌がるくらいかわいがるのだろうなあと想像がつきます…笑


スヌーピーといろいろな冒険をしたり、一緒に犬小屋で寝てみたり(実はあの犬小屋とても広いんですよ!)…
とやりたい事はたくさん浮かびます!
好きな時にふらふらっと出かけて、好きな時にお昼寝をして…
スヌーピーと同じ生活ができたらさぞ楽しいのだろうなあと妄想は膨らみます!


しかし、12月から就職活動が始まる私にそんな生活ができるはずもなく…
いつかこんな生活ができたらいいなあと…

急に現実に引き戻された所で私の妄想を終わらせたいと思います!



最後に…ご存知の方も多いと思いますが、六本木の森アーツセンターギャリーでは
来年の1月5日まで「スヌーピー展」が開催されています。
この記事を読んで少しでもスヌーピーに会いたい!と思ってくれた方はぜひ行ってみてください!
(私は前売り券を買うだけ買ってまだ行けてないのですが…)


まだまだ「仮想の世界から何かを召還するとしたら」続きます!次回の更新もお楽しみに!

2013/11/18 | 仮想の世界から何かを召還するとしたら | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
仮想の世界から何かを召喚するとしたら ~人々の「輝き」に触れて~
おはこんばんにちは!本日のブログを担当します鎌田です。
すっかり寒くなってきましたね…もう冷水で顔洗えません。冬生まれだけどやっぱり冬は苦手です。
インフルエンザも流行ってくる季節です。予防接種は早めに受けましょう!特に就活生の皆さん!


というわけで、本題に入りたいと思います。

皆さんは『コメットさん』をご存知ですか?

一度は名前をちらっと聞いたことはあるのではないでしょうか。
『コメットさん』は、『鉄人28号』や『魔法使いサリー』で有名な漫画家、横山光輝氏原作のテレビドラマです。
放送されたのは実に40年近く前という歴史のある作品で、初放映から10年後には異なる女優さんによってリメイクされ、人気を博したそうです。
横山氏本人によって漫画化もされていたのですが、こちらは途中で打ち切りとなってしまい、2005年に単行本化されるまで長らく日の目を見ることはありませんでした。


今回のお題は「仮想の世界から何かを召喚するとしたら」ということですが、僕が召喚したいキャラクターは、これらの『コメットさん』シリーズを継承する、2001年に放映されたテレビアニメ『Cosmic Baton Girl コメットさん☆』からコメットさんです!なんかややこしくてすみません!


ざっとあらすじの紹介をします。
トライアングル星雲にあるハモニカ星国(ほしくに)の王妃コメットは、お見合い相手であったお隣のタンバリン星国の王子様が地球に逃げてしまったと聞き、王子様を探しに地球へと旅立ちます。
そこで出会った地球の人々との触れ合いを通じて、コメットは様々な「輝き」を見つけ出していく…というストーリーです。

一言に「輝き」といってもあまりピンと来ないかもしれませんが、これがこの作品における重要なテーマなのです。
ライフセーバーを目指す男の子ケースケや、ストリートミュージシャンからメジャーデビューを成し遂げた青年イマシュンなど、コメットさんは夢や希望に向かって努力、挑戦している、様々な「輝き」を持つ者に出会います。
そんな人々の悩みや願いを、コメットさんは星力(ほしぢから)と呼ばれる力を使って解決していき、彼女自身も彼らの放つ「輝き」に魅了されながら、悩んだり励まされたり、時には恋をしたり…もします。


いや、なんていうかもう、コメットさん、すごく優しい子なんですよ…。
監視員のテストを前にしたケースケにスタミナをつけてもらおうとお弁当を作ってあげたり、星力を使ってクリスマスの日にサンタさんになって、町の子供たちにプレゼントを配ってあげたり。
慣れない地球に初めて来た時は戸惑うこともあったけれど、周りの人々との触れ合いを通じて、「輝き」に触れて、コメットさんが精神的に成長していく姿はもう、感動です。
そんなコメットさんが現実の世界に来てくれたら、そばにいるだけで優しい気持ちになれそう。
僕も一緒に「輝き」を探して、もっと心豊かな人になりたいな~。
クリスマスの日には一緒に空飛んでプレゼント配れたら楽しいだろうな~。
なんかすごく子供っぽいこと言ってますね!就活を前にナーバスになっているのでしょうか。


この作品は、当時日曜の朝にやっていた子供向けのアニメだったのですが、「君たちのいる世界は、こんなにも素敵に満ち溢れている事に気付いて欲しい」という制作側のメッセージが込められていたそうです(『コメットさん☆ メモワール・ド・エトワール』(エムディエヌコーポレーション、2003年)より)。
コメットさんをはじめとした登場人物の優しさや「輝き」に溢れ、今でも見返すとほっこり温かい気持ちになれる作品です。


皆さんも周りの人たちの「輝き」、コメットさんと一緒に探しに行ってみませんか?


と、めっちゃいい感じに締めたところでおしまいにしましょう!
このお題もあと残り1/3くらいかな?次はどんなものが仮想の世界から飛び出してくるのでしょうか?お楽しみに!
2013/11/15 | 仮想の世界から何かを召還するとしたら | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
仮想の世界から何かを召喚するとしたら〜老眼鏡紳士たちのレストラン〜
こんにちわ。宮本ゼミもうひとりの副ゼミ長、渋江です!

先週、先々週とゼミでの行事が続いて慌ただしくも楽しい日々が続いておりましたが、
季節と共に、やっと落ち着いてきたというところでしょうか。
気温も急に下がり、中野名物の強風と強烈なタッグを組んで我々を苦しめています。寒いよぅ。

そんなこんなで「仮想の世界から何かを召喚するとしたら」というお題です。
ゼミ生みんな、苦しみながらもとても面白いエントリーをしてきて、わたしは若干のプレッシャーですが張り切っていきま…す…


あ、あの、みなさん、紳士って好きですか??
しかも老眼鏡をかけたような初老のおじさまです。
どうです?好きですか??(グイグイ

私は、大好きです!!(大声)

この話題は女子の、
しかも、ごく一部にしか受けないかもしれませんが、しばしの間お付き合いください。

しかし、紳士も老眼鏡も初老も架空のものではありません。
お題それてるじゃん。
いやいや、まぁ、もう少し聞いてみてください。

もし、初老で老眼鏡をかけた紳士しか働いていない
「レストラン」があるとしたら?

太田出版のマンガ・エロティクス・エフという雑誌で連載されていた
オノ・ナツメ著
『リストランテ・パラディーゾ』
という漫画に、その夢のようなレストランがあるんです。

これは、イタリアを舞台にした「カゼッタ・デッロルソ」というリストランテ(レストラン)で起きる緩やかな日常や人間関係を丁寧に描いたとっても素敵な漫画なんです。
この特別なリストランテは、オーナーが病気がちな奥様の癒しとなるように作った空間です。

そんなオーナーの優しさにもやられてしまいますが、
なによりも、そこに集まる老眼鏡紳士たちのなんと優雅なことか。
酸いも甘いも噛み分け、人生の佳境を終えた老紳士たちの物腰柔らかく、丁寧な、
オ・モ・テ・ナ・シ。
仕草ひとつひとつが色っぽくて、めちゃめちゃキュンとするんですよ。

ちょっと前に流行った「執事」とはちょっと違います。
ご主人様と執事という主従の堅さのある関係ではなく、
お客様と給仕者というちょっと近くて親しみ易い距離がたまらなくいいんです。

一歩お店を出たら、街なかで出会うそのレストランの老紳士は、きっと孫を連れて林檎が入った茶色の買い物袋を抱えているんです。
そうして「おや、偶然ですね。先日はご来店ありがとうございます。お出かけですか?」とか言ってくるんですよ in Italy (妄想)

ついでにですが、
ここでいう老紳士は決して「おじいちゃん」ってことでもありません。
おじいちゃんの優しくて柔らかい感じも大好きなんですが、
紳士は背筋がピンっと伸びているというか、やっぱり大人の男の人なんですよね。
おじいちゃんは家族的ですが、紳士は男性的というか。

決してファンタジー漫画ではないのに、
どうしてこれが仮想の世界かというと
①老紳士
②レストラン勤務
③イタリア人(しかも嫌みのないイケメン)
この夢の条件をクリアできることがほぼ不可能だからです。
日本にあったらなんだか俗っぽくなってしまいそうなので、近所にはなくてもいいかな…
私がイタリア旅行に行ったときにあってほしい…!
その時に召喚したいです!
イタリア語勉強しとかなきゃ!
ブォン!(召喚音)

この「カゼッタ・デッロルソ」で働いている老紳士たちは数名いるのですが、
それぞれの性格と人生の重みがはっきりと描き分けられています。それは作家さんの抜群の描写力ですが、色んな老紳士がいるので、きっとあなた好みの老紳士がいるでしょう…。
(ちなみに渋江は、クラウディオさんがイチ押しです。)

どうですか…老紳士はお好きですか?

正直、わたしこの漫画を読むまでは老紳士の魅力に気がつきませんでした。
しかし、いまでは声を大にして言えます。
「老紳士サイッコウ!!」
女子はもちろん、男性も未来の老紳士増加活動として、
レストランで働く老紳士に想いを馳せてみてはいかがでしょうか?

今回は少々ぶっとんだ内容となりましたが、次のエントリーも楽しみですね!
渋江でした!
2013/11/13 | 仮想の世界から何かを召還するとしたら | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
仮想世界から何か召還するとしたら~おいしいひみつ~
こんにちは!今日の担当は篠崎です。

昨日は国際日本学部ゼミ対抗のスポーツ大会でした!

スポ大

小知和さんも書いてくれていましたが、ゼミ生はバレーボールと大縄を買って、近くの公園に行って練習するほど気合いが入っておりました。ついでに公園の芝生でごはんを食べるランチ会なども開催されていて、ゼミ生の仲がより深まったのではないかと思います。

宮本ゼミ4期生の結果は、大縄1回戦突破、バレーボール準々決勝進出!

惜しくも賞金は逃してしまいましたが、バレーボールの準々決勝戦は優勝チームにかなり対抗した試合で、とても盛り上がりました!

先生もTwitterで仰ってくれていましたが、サブカルゼミなのに、スポーツ大会にはかなり気合いを入れ、かつ実際いいところまでいっちゃうあたり、宮本ゼミ4期生のすごくいいところだと思います。

今回のスポーツ大会を経て一層団結力を強め、来年に繋げられたらいいですね!

ちなみに、3期生の先輩方は、大縄跳びで準優勝されていました!すごい!!


さてさて、ではわたしのエントリーを書き始めますね。

仮想世界から召喚するなら・・・うーん。
ジブリの世界から、ハウルを召喚して恋人にするのも最高だし、ディズニーの世界からアラジンを召喚して手を差し出されながら“Do you trust me?”って言われるのも素敵だなー・・・
でも、それだとブログがただの妄想になっちゃうなー・・・とか(笑)、いろいろ考えた結果!

小さいころ大好きだった本から、とっても欲しかったあるモノを召喚することにしました。

その絵本とは・・・じゃんっ!

うさぎや

安房直子さん作の『うさぎ屋のひみつ』(岩崎書店、1988年)という児童文学作品です。

この本は4編の短編集なのですが、今回あるモノを召喚するのは、題名にもなっている『うさぎ屋のひみつ』という作品からです。

あらすじをお話ししますと、
キャベツ畑の隣に住む若い奥さんは可愛くて気だてもよかったのですが、旦那さんが仕事に行くと、片付けもお掃除も洗濯も面倒という、怠け者でした。
そんなところへ、ある日うさぎがやってきて「奥さん、毎晩の夕食、お届けしますよ。お代は毎月アクセサリー1つだけ。」とささやきます。奥さんがこの夕食宅配サービスに申し込んだところ、その料理のおいしいこと!何とも言えない、いい味で、奥さんと旦那さんはすっかり虜になってしまいました。
しかし、うさぎの請求は毎月厳しくなり、お母さんからもらった金のネックレスや結婚指輪まで取り上げられてしまいます。そこでアクセサリーを取り返そうと、奥さんがうさぎの家をのぞきにいったところ、そこには見たこともない30種類の調味料がずらりと並んでいたのです。
・・・と、ここから先は読んでのお楽しみ。


もうお気づきでしょうか?私が召喚したいのは、この魔法の調味料

なぜかって?読んでいただけるとわかるのですが、この本に出てくる料理がとーってもおいしそうだからです。
うさぎ屋の献立を少し書き抜いてみますと、エビのコロッケ、鶏肉のクルミソース、白身魚のフライ、鶏と野菜のシチュー・・・といった具合です。

とりわけおいしそうなのが、ロールキャベツ。
『何枚も何枚もかさねてにた、やわらかいキャベツの中には、こっくりと味のしみたひき肉が入っています。ソースはこれまたとろりとこくがあって、本当にもう、ほっぺが落ちそう』なのだそうです。

どうですか?お腹がすいてきませんか?


しかも、この調味料、畑の草の根を月の光で乾かしておろし金でおろしたり、野ばらの花粉を星の光で乾かして粉にしたり、れんげの花びらを煮詰めたり、よもぎの葉っぱをすりつぶしたりして作られています。
・・・メルヘン心そそられますよね?(笑)


私は、今は料理をほとんどしませんが(笑)、これさえあれば料理が楽しくなること間違いなしです。
自論を語ってしまいますが、おいしい料理を作って食べることは、いただいた命に最大限感謝するための方法だと思っています(鳥の丸焼きを調理しているのを見て、そう思いました)。そして、おいしい料理ほど人を幸せにするものはないと思っています。

こんな手の込んだ調味料ならば、きっと素敵なビンに入っているはずです。それをるんるんで使いこなし、毎日おいしい料理を作って幸せに暮らすのが私の夢です(笑)。


安房さんの作品はとても表現が素敵で、この本に入っている他の3編も含めて、成人した今でも魅せされてしまう作品ばかりなので、みなさんもぜひ読んでみてください!


ちょっとマニアックなモノを召喚してしまいましたが、ここまでお読みいただいてありがとうございます。
これを読んでお腹がすいたみなさん!今日の献立はぜひロールキャベツにしてみてください!寒い外から帰ってきて食べるロールキャベツは格別だと思います。

あー食べたい!(笑)


では、このへんで。次回のエントリーも楽しみですね!


2013/11/11 | 仮想の世界から何かを召還するとしたら | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
仮想世界から何か召還するとしたら ~頭テカテカ~
こんにちは。本日の担当の小知和です。
明大祭も無事におわり(詳しくは、ひとつ前のエントリーへ!)、
明後日はゼミナール協議会主催のスポーツ大会です。
今回の種目はバレーと大縄ということで、
我が宮本ゼミは、バレーボールと縄を購入し、授業の合間に練習するほどの気合いの入りっぷりです(笑)
前期のスポ大に続いて、上位入賞、お食事券ゲットを目指してがんばります!


さて、今回のお題は「仮想の世界から何かを召還するとしたら」ということで、
二次元から召還したいキャラクターなんて星の数ほどいますが・・

私が召還したいのは、この話題のド定番(?)、まんまる頭のコイツ!
どーん!

image (2)


タイトルからお察しの方もいるかもしれませんが、「ドラえもん」です!
(小さい頃、「ドラえもん絵描き歌」で描くと、図左のようなドラえもんが出来上がってしまうので、「この歌は嘘つきだ!!」と思っていました。実際は私が「うえきばちー」という歌詞の部分の書き方を勘違いしていたためでしたが。)


・・・みなさんも一度は考えたことがあるのではないでしょうか?
寝坊した朝に「どこでもドア」、テスト前に「暗記パン」などなど、
ドラえもんの道具って本当に夢があって魅力的ですよね。

おいおい、道具目当てかよ、と思われるかもしれませんが、そうではなくて、
道具抜きにしても、ドラえもんと友達になりたい!と常日頃から思っています。

まんまるの体、鼻にかかった声、おいしそうにドラ焼きを食べる姿、いとおしいとしか言えません。
いつかドラえもんが私の家に来てくれたら、毎日ドラ焼きを買ってあげて、
「のぞみちゃん(私の名前)、ありがとう!」と言いながら、嬉しそうにドラ焼きを食べるドラえもんをあたたかい目で見守る・・
という妄想を、バイトの暇な時間に何回したことか・・

夜、寝る前にも、「朝起きたらドラえもんがいたりしないかな〜」と思うのですが、なかなか来てくれませんね。
もしかして、我が家には引き出し付きの机がないのが問題なのでしょうか?
そろそろ引き出し付きの机を買わなきゃなあ・・


・・・おっと、だんだん妄想と現実の区別がつかなくなってきたところで、
今日のエントリーはおしまいにしておきます。


そういえば、昔好きだったアニメって結構分かれますよね。
私の周りにはディズニーやジブリをよく見ていたという人が多い気がしますが、
私は完全にドラえもんっ子でした。中学生の頃まで映画館に通ってみていました。
その中でも一番好きなドラえもんは、劇場版「ドラえもん のび太と海底鬼岩城」の冒頭で、
おしりにアイスをべちゃっと付けてしまうドラえもんです。最高にかわいいと思います!
小さい頃は、父親とビデオ屋さんに行くたびに、この「海底鬼岩城」のビデオを借りて見ていました。確実に買ったほうが安かったです。
海底鬼岩城も、他の作品も面白いので、みなさんも是非!観てみてください!

ではでは、次回のエントリーもお楽しみにっ
2013/11/08 | 仮想の世界から何かを召還するとしたら | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
明大祭!!
こんにちは!湯澤です!
今回はレギュラープログラムの「仮想の世界から何かを召還するとしたら」をお休みにして、先日行われた明大祭のレポートを行いたいと思います!

11月1・2・3日に明大祭が開催されました。
我々、宮本ゼミも2年ぶりに参加しました!
昨年は屋外の模擬店参加抽選で漏れてしまったため参加出来なかったそうです……
今年はその反省を生かし、屋外の模擬店企画と、屋内の企画両方を応募しました。
昨年、参加しなかったため、三期生の方達も明大祭の経験がなく、手探り状態での準備が続きました。
それでも、宮本ゼミらしいものがやりたい!と検討を重ねた結果、屋外のラピュタパンの模擬店と、屋内のサブカル漫画喫茶(仮)での参加となりました。


ラピュタパンとはジブリ作品の「天空の城ラピュタ」の中で、パズーがシータに渡す目玉焼きのパンのことです。
トーストの上に目玉焼きを乗せたとてもシンプルなものなのですが、実際に作ってみるととても美味しそうでした。
558902_546366102119054_471224348_n.jpg





また、屋内企画のサブカル漫画喫茶(仮)は企画内容がなかなか定まりませんでしたが、最終的には漫画と駄菓子を置いたサブカル色の強い休憩スペースとなりました。また、ゼミ生によるアニソンDJタイムなども企画することが出来ました。

10月31日 準備日
明大祭の前日は準備日に当てられています。4期生の渋江さん、村岡さんが中心となって、模擬店の看板や、屋内企画の飾り付けを製作しました。
1383877_545171152238549_635531582_n.jpg


1396034_545172052238459_1519310469_n.jpg


995560_545172718905059_1210662735_n.jpg
ゼミ生持ち寄りの漫画や雑誌たちです。菊池桃子ッ…


準備も佳境に入った頃、宮本先生からドーナツの差し入れを頂きました!
美味しかったです、ごちそうさまでした。
1395411_545173182238346_1008364616_n.jpg

顔出しパネルや看板も無事完成したところで、準備は終了しました。
僕は翌日からの明大祭に向けて、楽しみと不安で胸がいっぱいでした。

11月1日 一日目
いよいよ一日目です!
平日の金曜日であったため、来場者は明大生がメインでしたが、賑わっていました。
事前に練習をほとんどせず、ラピュタパンを初めて作るゼミ生がほとんどですが、ゼミ長の活躍もあり、早い段階で軌道に乗せることが出来ました。
1452355_545175472238117_1328979386_n.jpg


模擬店の立地条件が芳しくない中、なかなか快調に売り上げていきました。
ラピュタパンというだけで、興味を引くことが出来るので良いチョイスでした。
屋内企画も駄菓子の売り上げは期待ほどとはいきませんでしたが、DJ ATSUSHIの活躍によって楽しい空間になりました。
1385968_545176818904649_1105201405_n.jpg
自前のコスプレ衣装にメイクもバッチリ決まってました。


そして、午後からはコスプレ企画第一弾、清水さんによるメイドが登場しました!
1383899_545178158904515_958922248_n.jpg

どうですか、この似合いっぷり!そんじょそこらのなんちゃってメイドとは訳が違います。
誰よりも僕が見たかったので、着てくれとしつこく頼んだ甲斐がありました。
DJ ATSUSHIとメイドさんの活躍によって、ラピュタパンも快調に売れ、一日目は終了しました。


11月2日 二日目
初日にまずまずの成功を収めたことで、余裕が生まれた二日目。
土曜日ということで、昨日以上の混雑が予想されます。
昨日の反省を生かし、鉄板と会計の場所を入れ替えるなど、調整を行いました。
この日はコスプレ第二弾、4期生奥谷さんのハルヒと3期生後藤さんによるともだちが登場しました!
1383769_545638842191780_608766195_n.jpg
奥谷さんのハルヒも誰よりも僕が見たかったのと、友人から衣装を貸してもらえたので、しつこく頼んだ結果、二つ返事で快く引き受けてくださいました。
すごく似合ってますよね。宣伝効果も絶大でした!

この日は午後に雨がパラついた結果、駄菓子屋も大繁盛。
前日の2倍以上の売り上げを記録しました。
DJ不在だったのが悔やまれます…

翌日に期待を残し、二日目は終了しました。


11月3日 三日目
早いもので、明大祭も最終日。
二日間経験したとあって、みんな運営に慣れてきました。
943713_546369782118686_264067218_n.jpg
923043_546370968785234_989469606_n.jpg
チームワーク良く、楽しく模擬店を切り盛りしています。

また、この日は先生がご家族を連れて遊びに来てくださいました!先生のお子さんたちは3人ともとても可愛く、ラピュタパンをモリモリ食べてくれました。
駄菓子屋の方でも僕の置いた「スーパー戦隊大全」を夢中になって読んでくれて、とても嬉しかったです!

その駄菓子屋もDJ ATSUSHIの再登場で盛り上がりました!
995561_546368918785439_1847927745_n.jpg
本格的なDJプレイでお客さんを揺らしていましたね!

夕方近くになると、渡島さんによる驚愕の100円セールを敢行され、ゼミ生たちは最後の売り込みに走ります。

その甲斐あって、終了時間間際にはなんと、完売することが出来ました!!
1425625_546371738785157_769278869_n.jpg
みんなで、頑張った結果ですね、感無量です!達成感がすごかったです。

片付けを済ませた後には、屋内企画で余ったジュースと駄菓子でパーティをしました!
人生で一番美味しい駄菓子でした。
601779_546372858785045_568663595_n.jpg


実は僕は、文化祭に参加するのはこの明大祭が初めてでした。
小中高と学校行事に積極的に参加してこなかったのですが、参加側にまわるとこんなに楽しいものだったんですね!
ゼミ生のみんなとも3期生の先輩方とも今まで以上に仲良くなれた気がします。
あっという間に過ぎ去った夢のような三日間でした!
長くなってしまいましたが、これで明大祭レポートを終わります。

大変なこともあったと思いますが、ゼミ生のみなさん、本当に本当にお疲れさまでした!!
また、毎日様子を見に来てくださった、宮本先生、ありがとうございました!!
そして、最後になりましたが、ラピュタパンを食べてくださった皆さん、駄菓子屋に来てくださった皆さん、ありがとうございました!!!

2013/11/06 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。