FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
坂道と青春の一コマ
こんにちは!土屋です!
さて、今回のお題は
自転車で家から駅まで5分かかるのに、残り4分しか時間がない!ペースを…上げるぜええええええええええ!!!!!!!な状況を後押ししてくれる曲」
でしたね!

高校時代から6年以上、駅まで自転車で通学していたのでわかります!

よくあるやつ!!

私の場合、
自転車で家から駅まで15分かかるのに、残り12分しか時間がない!ペースを…上げるぜええええええええええ!!!!!!!な状況が起こります。
ちなみになぜ12分かというと、私にとって12分は頑張れば間に合うぎりぎりの時間だからです。

自転車通学をしている人はわかると思いますが
普段急いでなくてもそれなりの速さで走るし、ペースをあげたからといって3分なんてなかなか縮まらないんですよね!
こういうときに、タイムを縮める方法としては
「信号無視をする」「常にインコースにつける」
みたいなテクニックがメジャーなのでは?

私の場合は「坂道を全力疾走」です!!

私の通学路には、結構急な坂が存在します。
坂道
この坂、画像の三倍の距離あるんです!
左下のおばあちゃん、坂道きつすぎるから自転車押してのぼってるでしょ!
(写真はGoogle Street Viewから拝借させてもらいました)

急すぎるので、私もいつも自転車を手で押して登りますが、時間がないときはこの坂をこいで上ればタイムを2〜3分は縮めることができるのです!
これが200m走全力ダッシュ並みに辛い!
だから、この坂を全力で駆け上がろうとすると途中で力を抜きたい気持ちが湧いてきます。
でも全力でのぼらなきゃいけない!
この自分との勝負に勝てるかどうかが12分の壁を超えられるかの分かれ目なのです。

ここで求められるのは
いかに辛さを意識しないでいられるか!
そんな辛さを紛らわすのにうってつけの方法が
頭の中に音楽を流して集中すること!

さて前置きが長くなりましたが、
ペースを上げるぜええええええええええ!ってなったときに私を後押ししてくれるのが、この曲。


Galileo Galilei 「夏空」



Galileo Galilei 「夏空」

実は坂を駆け上る時に脳内に流れる曲はその時々によって変わります!
他にもレギュラー曲はいますが
夏も近いということであえて「夏空」を紹介しました!


「夏空」は北海道稚内出身のバンド、Galileo Galileiの1stシングルに収録されている曲です!
兄弟でバンド活動をやっている、珍しいグループです。メンバーの入れ替わりが激しく、今は3人で活動しているようです。ちなみに、彼らは10代アーティストの登竜門とも言える音楽フェス「閃光ライオット」にて初代グランプリを獲得しております。
今初めて知りましたが、この曲はアニメ「大きく振りかぶって」の2期オープニングテーマ曲だったようですね!

さて、
なぜ私がこの曲を選んだのかというと
「夏空のもと疾走する青春を味わえるから」です。

よくありますよね、
イヤホンで音楽を聴きながら夜道を歩くとPVの主人公みたいな気持ちになる
ってやつ。

それです。


彼らの歌詞は結構映像的なものが多いんです!

「あの日 夏の青い空 首筋の汗と
吐き捨てた不満や不安とそして希望の数々
街に吹く乾いた風と 大好きな風景
こじ開けた心の奥にぎゅうぎゅうに詰め込んで」


ほら、なんか
澄み渡る夏空のもと
首筋に汗を滲ませて
乾いた風を肌に感じ
不満や不安、希望が入り交じった感情を持ちながら
大好きな風景を眺めている自分が浮かんできません?


これを坂道をのぼりながら感じるのです!
なんか青春じゃないですか?



この曲を頭に流しながら
坂道を全力疾走する自分を青春の一コマに置き換えるだけで
「辛い」「爽やか」って勘違いすることができます!!!


そして、そんな気持ちでいればいつの間にか坂をのぼり切れるんです!
すばらしき音楽の力!
みなさんもぜひ、坂道を全力疾走するときにはこの曲を頭に流してみてください!!

そんなわけで、本日は
「自転車で家から駅まで5分かかるのに、残り4分しか時間がない!ペースを…上げるぜええええええええええ!!!!!!!な状況を後押ししてくれる曲」として
Galileo Galileiより「夏空」をお届けしました!!!



さて、次のお題にまいります!!
次はRiho Muraoka!!

お題は
「靴を片方、線路に落としてしまい、走り去る電車を背に一人、上の階にいる駅員さんを呼ぶために、けんけんをしながら5m先にあるエレベーターに向かっているときの心情を表す曲」
でよろしくお願いします!!

これは2年前くらいの私の経験談です。
経験ある人は分かると思いますが、靴を線路に落とすと辛いんですよね!
靴を落とした辛さ
電車を逃した辛さ
授業に遅刻する辛さ
車内の人に見られた辛さ
片足で駅員を呼びに向かわなきゃいけない辛さ
五重苦なんです。

そんな心の痛みを的確に表す曲を期待してます!

村岡さんが線路に靴を落としたことがあることを願いながら、私の記事はここまでとさせていただきます。
スポンサーサイト
2014/05/23 | Hey!DJ! | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。