FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
秘密の

こんばんわ!
ゼミ長から異様なプレッシャーのかかるエントリーをされ、
ガクガク震えている、副ゼミ長渋江です!

いやあ、嫌な雨ですね~
気持ちもどんよりしてしまいますね~
悩ましいですね~

フィクションを綴るのは、高3ぶりだったので(意外と最近)
二重の意味で悩ましいです~

でも、黒い歴史を持っている私は、
書き始めると意外と楽しく書けちゃったんですね~!

では、私のエントリーをお楽しみください(…あれ…寒気が…雨のせいかな…)

-------------



小学校の帰り、あまり外で遊ばない私をわくわくさせたものがひとつだけあった。
――秘密基地。

下校途中にある公園には色んな噂があった。

塗装がはがれて錆びた鉄棒にはもう一段階背の高いのがあったのに折れたとか、
いったい何年生きているんだかわからない大きな猫がいるとか、
色鬼で完全勝利できるカラフルプレイスが実はあるとか、

大して大きくもないその公園にたくさんのエピソードがつきまとっているのは、
もうすでに大人になってしまった子供たちが、そこでたくさんの思い出を作った証拠だろう。

そんな中、小学2年生だった私を惹きつけたのは、公園内に併設されている自治体の集会所だった。
厳密には、集会所の裏手にある、箒や年行事で使う道具の入ったプレハブ倉庫。
わたしの遊び場といえば、そこだった。

倉庫の中は、奥の方に意外と余裕があって、
私ひとりと、持ち込んだビー玉やキラキラした石や水風船などが置けるスペースがあった。
体の大きな高学年の小学生には入れない、私の秘密基地だった。

真っ暗な公園で遊ぶ子どもたちの笑い声が遠く聞こえ、
喧噪が薄らぐその場所は、
夏でも少し涼しくて、特別な場所だった。

私は、何か悪いことをしているようなドキドキを覚えて、ほんの少しだけ酔っていた。
友達なんかと遊ぶよりずっと楽しかった。

家から持ち出した懐中電灯を上から吊るし、
ひとり遊びをしていた。
具体的にどうやって過ごしていたかは覚えていないが、
外が暗くなる気配が怖くて、長居するようなことはなかったと思う。
いつも不安にかられて、はや足で帰った。

倉庫の向いには、門番がいた。
集会所の通気口であろう太い銀色のパイプは、
大きく口を開け、ほのかにあたたかい息を吐き、
いたずらで貼られたのであろう可愛らしい目玉はいつも私を見下ろしていた。

「見張りご苦労」

誰が見ているわけでもないのに、
気恥ずかしさから、いつも小声でねぎらった。

なぜだか本気で、
彼は私の城を守ってくれる存在だと信じていた。
命を持ってしまった特殊な生を持った彼(もちろん子どもの空想だが)と、
私の秘密基地は、
なんとなく秘密の共有という意味で、信頼感があったと思う。

実際に、彼のおかげなのだろう。
不思議と他の小学生に荒らされることも、
大人に発見され、倉庫にカギをかけられることもなかった。

私は、小学3年生の春、他の町に越していった。
学校の友達にお別れする、悲しさやら不安やらで、
自分の秘密基地も、彼のこともすっかり忘れていた。

―――――――

大人になった今、久しぶりにその公園のわきを通った。
こんなに小さい公園だったっけと、笑った。

集会所の方に歩みをすすめると、
自治会のおじいさんらしい人がいて、軽く世間話をした。
「小さいころは、ここのおじいさんたち怖かったのになぁ」と
大人になったのかも、と思った。

私の城だったはずの倉庫は、
新しいものになっていて、頑丈なカギがかかっていた。

ふと、視線を感じて、振り返った。

「…見張りご苦労」

あの頃よりすこし大きな声で、門番をねぎらった。


560361_250506851730581_1006095970_n_convert_20140610021833.jpg



-------------

いかがだったでしょうか。
めっちゃ恥ずかしいですね、はい

これ、面白いのか…?え?
って気持ちです。
悩ましい~

ともあれ、誰かひとりでも
面白く読んで頂けたら嬉しいです!

さて、さて
次の方へのバトンは!

ドン!

417772_250490898378840_37127479_n.jpg

私お気に入りのこの写真に、
菊池さんはどんな物語を綴ってくれるのでしょう!楽しみですね!
(バトンを渡す身になると、めっちゃ楽しいです、このリレー笑)

それでは!渋江でした!
スポンサーサイト
2014/06/11 | 写真deリレー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。