FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
都市伝説
どうも、西野です。

最近、蚊に刺されまくってます。
ちょっと庭に出ただけで気付いたら2~3箇所刺されてますからね。
どうにかして欲しいものです。

さて、今回は写真deリレーということなのですが、前回の担当だった篠崎さんから渡された写真、何かしらの小物でくると踏んでいたので、まさかの風景写真でかなり悩みました。
しかもあまり自分とは親しみのない渋谷ということで、さらに追い込まれてました。

でもまぁ、フィクションだしなんとかなるだろうと思い、とりあえず書いてみました。



1

気がつくと私はいつもこの風景を見ている。
いつも変わらない風景。
ハチ公の前には毎日人だかり。
そんな風景を、いつも同じ時間になると見ている。

――時は少し前に遡る。

私はとあるオカルト雑誌で記事を描いていた。
その雑誌の中の、都市伝説の検証記事を担当していた。
今まで様々な都市伝説を解明しようと、実際に現地へ赴き、体当たりで取材をしてきた。
トイレの花子さんや口裂け女、人面犬などの誰でも知っているものから、大阪梅田の泉の広場に現れるという赤い服の女のような、オカルト好きには知られているものまで、幅広く扱っていた。

そしてその時私が目をつけていた都市伝説は、渋谷駅周辺の『タケシくん像』というものだった。
この都市伝説がどういうものかというと、
・渋谷のどこかにあるタケシくん像という銅像に「タケシくん遊ぼう」と呼びかけると、タケシ君が現れて神隠しにあう
・ハチ公像からモヤイ像の間を「タケシくん遊ぼう」と言いながら自転車で走ると、夜中に本当にタケシくんが遊びに来る
・娘が突然「タケシくん遊ぼう」と言い出したと思ったら、急にどこかへ走ってゆき、行方不明になってしまった
などなど、『タケシくん像』と言いながらも、像が出てこなかったりする話もあるのだが、どの話にも共通する点は、渋谷駅周辺で「タケシくん遊ぼう」というと『タケシくん』という少年が現れて、何かしら不幸な目にあうということだ。

実際には渋谷には『タケシくん像』という銅像は存在しないらしい。
恐らく何か他の都市伝説に影響を受けているのだろう。
しかし、この『タケシくん』という少年が何者なのか、そして大勢の人が毎日集まる渋谷という場所で生まれた都市伝説であるということにも興味を持ち、私は調査を開始した。

調査方法は、夕方から夜にかけて、渋谷駅周辺を「タケシくん遊ぼう」と言いながらうろつくことにした。
そこまで情報が多くなく、条件も定まっていなかったので、こうするほか無かった。
時間に関しては、女の子の話もあるので、あまり遅い時間ではないだろうと踏んだ。

「タケシくん遊ぼう」 「タケシくん遊ぼう」

呼びかけてみるが当然返事が来るわけでもなく、少年が現れたりもしない。
しかし相手は都市伝説、そう簡単には結果は出ない。
これまでだってそうだった。一週間以上口裂け女を探し続けた事だってある。

「タケシくん遊ぼう」

私は呼びかけ続ける。

どれほどの時間が経っただろうか。
あたりはとっくに暗くなっている。
最後にもう一度駅周辺をぐるっと回ったら一旦引き上げることにした。

「タケシくん遊ぼう」
返事はない。

「タケシくん遊ぼう」
何も起こらない。

横断歩道に差し掛かったときだった。

「タケシくん遊ぼう」
「いいよ」

聞こえた。
確かに、今、私の後ろから子供の声が。

私の後ろに何かいる。
長年この仕事を続けてきたが、本当に都市伝説に出会ったことはなかった。
正直怖かった。
しかしせっかくのチャンス。これを逃す手はない。
私が思い切って振り返ろうとした、その時。

ドン!

一瞬、何が起こったのかわからなかった。
凄まじい衝撃が体を襲った後、私の体は吹き飛ばされた。
周りで何やら人々が騒いでいる。
どうやら信号無視した車が突っ込んできたらしい。
私は事故に巻き込まれた。
体が動かない。意識も遠のいていった。


それからどれほど経ったのだろうか?
気がつくと私は渋谷駅を見つめていた。
そこから動くことも、声を出すことも出来ない。
ただ、見つめている。
誰も私に気がつかない。
認識すらされていないようだ。

私の意識は夜、それも決まった時間にしかない。恐らくあの事故の時間なのだろう。
あの後自分の体がどうなったのか、私は知らない。
あの声の主は何者か、都市伝説の『タケシくん』だったのか、今となっては知る術もない。

私はこれからどうなるのだろうか?これからもずっと、このまま渋谷駅を見つめ続けるのだろうか?
いっそのこと、『渋谷駅を見つめる男』なんて都市伝説になるのも悪くないな、なんて思いながら、

今日も私は同じ風景を見つめ続けている。



はい、ということでこの辺で終わりにしましょうかね。
正直物語なんて作ったことないので、ちゃんと出来てるか心配ですよ、ほんと。

ちなみにこの『タケシくん像』という都市伝説ですが、渋谷駅で調べてたら出てきました。
今回初めて知った都市伝説だったのですが、自分も同じ名を持つ者として、これは書くしかないなと思い、使ってみました。
楽しんでいただけたら幸いです。

あ、実際に試して何か起こっても僕は知りませんよ。自己責任ですからね。

さて、次回のお題は
DSCF0047.jpg

これでお願いします!
渡辺さん、こいつを上手いこと使ってやってください!

それではみなさん、次回もお楽しみに!
スポンサーサイト
2014/06/27 | 写真deリレー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。