FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
Perfumeですっ
こんにちは。
最近家計簿をつけ始めた清水です。
予想はしていましたが出費の8割が趣味(アイドルオタク代)に使われていたのでびっくりしました…
そんな中懲りずに昨日もCDを買いました。

新潟のアイドルNegiccoの光のシュプールです。
最高に素敵なウィンターソングなので!
是非お買い求めください。(宣伝)


さて、本題である私の卒論テーマは
Perfumeのイメージはどのように変わっていったのか(仮)」です。

Perfumeは2000年に広島で結成されたグループで、現在は結成から14年を迎えています。
あ~ちゃん・かしゆか・のっちの3人からなるテクノポップユニットです。
インディーズ時代には5枚のシングルを発表し、2005年にメジャーデビューをしました。
ライブ活動を中心にキャリアを積み重ね、2007年発売の「ポリリズム」がリサイクルキャンペーンのCMに採用されたことから一気に注目を集め、ブレイクします。
現在に至るまで東京ドームでのライブやワールドツアーも行っていて、
広島のご当地アイドルとしてデビューしたグループが世界でも活躍をしている珍しい例です。
そのため、Perfumeは「ローカルアイドルの成功例」や「ライブアイドルの中でも最初に大きなブレイクを果たしたグループ」と評されています。

ここで注目したいのはPerfumeが打ち出すイメージの変化です。
インディーズデビューをした2002年から現在までの約12年間でPerfumeは自身のイメージを更新してきました。
blog.png
左が2002年のインディーズデビューシングルのジャケット、右が2014年の最新シングルのジャケットです。
ビジュアルだけでもPefume側が打ち出すイメージが12年の間に大きく変わったことがわかると思います。
制作陣を含むPerfume側が打ち出した変化はビジュアルイメージに限りません。
楽曲やダンスなどの作品からPerfumeのイメージの変化を明らかにすることで、現代日本のアイドル文化ひいては音楽文化を理解する手がかりになるのではと考えています。


「Perfumeのイメージはどのように変わっていったのか」に対する私の仮説は以下です。
Perfumeのイメージは、三人のメンバーが変わらないこと、全員黒髪であること、ヒールを履いて踊ることなど、変わらない核がある一方、それ以外の部分は、大きく言うと「かわいい」と「かっこいい」の間で変化し続けている。また、海外進出後にそのイメージの変化はより顕著になったのではないか。
広島のご当地アイドル時代には「かわいい」を全面に押し出していたPerfumeが、メジャーデビュー時には一気に「かっこいい」のイメージに舵を切ります。
CDジャケットやMVで使われる色や楽曲の世界観、ダンス…などなどからその変化は読み取れるのです。
その後もまた「かわいい」イメージが復活。そして、また「かっこいい」イメージへ…
と、Perfumeのイメージ変化は一度ではありません。
そしてその「かわいい」と「かっこいい」はその都度、新たな要素を含むようになっているのでは、というのが仮説です。

そしてこの仮定を明らかにするべく現在は検証作業の真っ最中…です。
検証するポイントは以下の4つです。
1. ビジュアル(CDジャケット・アーティスト写真・MV)
2. 曲(歌詞・音)
3. ダンス
4. メディア露出(雑誌)
1~3の作品検証に加えて、4では雑誌におけるPerfumeにも注目をします。
Perfumeの特徴を明らかにするため他グループとの比較も行っていく予定です。
(例 歌詞についてはAKB48との比較を加えています。)


進捗状況はというと、全ての検証点をちょっとずつ進めているので、100%終わったものが無い状況です…
そう、やばいんです。。。(本当に)
22日の提出日に向け200%で頑張りたいと思います。
そして、インディーズ時代のPerfumeのアーティスト写真をお持ちの方がいたら教えていただけるとありがたいです。。

では、そろそろ卒論の作業を進めたいと思います…!
最後までお読みいただきありがとうございました!
スポンサーサイト
2014/12/02 | 卒論日記 | コメント(-) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。