FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
最後のブログ
こんにちは、村岡です。

2年間ゼミ生で続けてきたこのブログも今回で最後だと思うと、
あれだけあー今日の担当私かぁ更新ちょっと面倒だなぁと思っていた日が懐かしいです。

皆のゼミへのありったけの想いを読んできて、
私はどんなことが書けるのかと書きながら今も悩んでいますが、とりあえず書いていきます。

思えばゼミブログを始めた頃は、一つのお題を書くのに8~9時間かかり、とても緊張していて、しかも全然面白くないというひどいものを掲載していた気がします。

話の落としどころが分からず、無駄にフォントや文字サイズを変えたり色をつけたりしていたのも覚えています…(恥ずかしい限り)

そんなこんななので、毎回ゼミブログが回ってくることは私にとって結構な苦痛でした。

それがいつの間にか4年生になってから、徐々に時間もかからなくなり、
話の構成もあまり考えすぎないようになり、
私にしてはスラスラと書けるようになっていました。

下手に頑張りすぎなくてもそのままの状態で書けば、
それがゼミ生一人一人の特徴になるんだってことをみんなの記事を読みつつ自分で書きつつ気づいた感じです。


私にとってそんな葛藤と気づきの場であったゼミブログでは、卒論発表会前のみんなの葛藤の記録も綴られています。

そのときは精一杯でしたが、今思い返すと
ヒィヒィ言って何とか卒論という形にしようとそれぞれがもがいていた状況が
「投稿日時」として保存されているのはありがたいことだなと感じています。

その時その時に自分や皆が考えいたり感じていたことも文字に起こしておかないと、
いづれ忘れてしまったりあやふやになってしまうこともあると思います。

でもゼミブログがあるおかげで、いつでもその地点に立ち返ることが出来ます。

今の私は自分が書いた過去の記事をまた読みたいなんて到底思えませんが、もしこれから何かのきっかけで
あの時自分は何を考えていたんだろう
なんて思った時がきたらきっとゼミブログを遡ると思います。


ゼミ入室時は面白そうなことをするゼミだな!という楽しみな気持ちと、
何で成績に関わらないのにやるんだろう?という不思議な気持ち半分半分に思っていたゼミブログですが、
2年間続けてみて振り返ると、宮本先生の意図ははっきりとは分からないままですが私にはこのように感じることができました。


えー、最後のブログは私のブログへの想いのたけを述べることでまとまりましたが、
宮本先生とゼミ生へは最後の最後まで迷惑をかけながらも励まして下さり、
感謝の気持ちしかありません。

それぞれ自分の好きなことを持った素敵な仲間たちに出会えて
心からよかった、このゼミにいられてよかったと思います。

今まで本当にありがとうございました!
スポンサーサイト
2015/03/06 | 卒業にあたって | コメント(-) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。