FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
めったにしない話
どうも、奥谷です。

最後のテーマは「卒業にあたって」ですね。
自分があと少しで大学を卒業して社会人になるなんて、本当に信じられないです。
こんなヒヨッコミジンコ野郎が社会と言う大海原に出ていいものなのか、疑問です。

さて、「卒業にあたって」。
突然ですが私はここで、自慢話をしたいと思います。
普段あんまり自慢できることのない私ですが、これこそは自慢できるぜ!というものをピックアップしました。
少々長い自慢になりますが、お付き合いください。



私がこの大学に入ってからの4年間は、本当にあっという間で、本当に楽しいものでした。
嫌な思い出なんてありません。
もしかしたらあったかもしれないけど、忘れました。笑

でもそれは、自分が何かをやってきた結果としての「楽しさ」ではないと思っています。
どういうことかと言いますと、例えばインターンシップに参加して社会のあらゆる面を肌で感じた!とか、海外一人旅をして世界の広さを知った!とか、
そういうのって、自分から積極的に動いて得られる「楽しさ」だと思うんです。

私の「楽しさ」は、そういうものではありません。
周りに恵まれたからこそ感じることのできた「楽しさ」でした。

恥ずかしながら、私はこの年になっても世間知らずの非常識なペーペー娘です。
遅刻は常習犯、すぐ忘れ物する、期限ギリギリになって焦って作業に取り掛かる、政治は知らない、社会も知らない、お金のことすらも知らない。

そんなダメダメな私がここまで来れたのは、ひとえに周りの人たちのおかげだと感じています。
よく見捨てずに付き合ってくれていたなぁ、と申し訳ない気持ちもいっぱいあります。
なのに、見捨てないどころかいつも私を楽しませてくれました。

いろんなところへ遊びに誘ってくれたり、美味しいごはんを食べに行ったり、
私は自ら積極的に動かないタイプなので、そうやって誘ってくれることがとても嬉しかったです。
私の大学生活が幸せだったのは、素敵な友人がいつもそばにいてくれたおかげなんです。本当に。

ということで「大好きな友人がいてくれたこと」、これが私の自慢話です。



もうひとつ自慢していいですか?いいですよね?自慢しまーす。

私は、大学生活において割と重要なゼミ選びを間違えませんでした。
むしろ、大正解でした。最高でした。

そもそも2年生のプレゼミのときから、私は宮本ゼミに所属していました。
昔から、写真や絵など何かを表現する的な分野に興味があったので、そういった事柄を扱うゼミということで迷わずここを選んだ覚えがあります。
その流れのまま、3年生からのゼミ選択の際もここを志望しました。何の迷いもなかったです。

ですが、3年生になってとても驚いたことがありました。
というか、これはいまだに驚いているしうらやましいし尊敬しているし、同時に自慢話にも繋がることでもあるのですが、

「みんな専門分野がある…!」

私は取り立てて特徴もなければ特技もない、平々凡々な人間です。
でも、宮本ゼミに入ったみんなは違いました。

野球と言えばこの子、音楽と言えばあの子かなー、そういえばあの子はファッションも詳しいし、ゲームはあいつが詳しいよね、気になる漫画はあの子が持ってるはずだし、話題の映画はあの人に聞いてみよう、海外旅行はあの子がいろいろ知ってるから相談してみようかな……。

挙げだしたらきりがないのですが、とにかく「○○(ゼミ生の名前)といえば△△!」という風に、みんなそれぞれ得意分野があったんです。
そういうこだわりとか趣味とかがない私にとってそれは衝撃的であり、うらやましくもあり、今となっては誇りとなっています。

だって、きらきらしてますもん。大好きなことを語るときのみんな。
こんなとっても魅力的な人たちと一緒にいられたことは、誇り以外の何物でもないんです。

この話は一つ目の自慢にも繋がるのですが、とにかく宮本ゼミを選んでよかった。そう思っています。



最後にもう一つだけ自慢させてください。
私は、とっても素敵な先生のもとで学ぶことができました。
正直言って、大学の先生にこんなに生徒思いの先生がいるとは思いませんでした。

私が宮本ゼミの話をすると、よく周りから「宮本ゼミって楽しそうだよね」と言われました。
大所帯で、いろんな人がいて、でもどこかみんな似通っていて、やっぱりそうでもなくて、とにかく本当に楽しかったです。
それは、宮本先生が思い切ってみんなを入室させてくださったおかげだと思っています。
今のメンバーから誰かが欠けるなんてこと、考えられませんから。

本当にありがとうございました。



長くまとまりのない自慢話になりましたが、これで私の最後のブログを締めたいと思います!
お付き合いいただき、ありがとうございました!

次の担当は小動物系でかわいい水曜どうでしょうガールあやな(^o^)♡
スポンサーサイト
2015/03/07 | 卒業にあたって | コメント(-) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。