スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
こぼれ落ちていく記憶も
こんばんはー!
本日の担当は今日もアイドル(あーりん♡)に会ってきた清水です!

さて、前回はキャラが薄いと悩む鎌田くんの記事でしたね。
ゼミ生からするといやいやキャラ濃いけど!?と思いましたが、
自分のことは自分ではわからないものですよねー。うむうむ。
明るいエントリーをというパスをもらったので、
気持ち明るめに…頑張りたいと思います!笑


今回のテーマ、「卒業にあたって」。
まぁみんながみんな言っていますが本当にあっという間の学生生活でした。
去年の今頃先輩のゼミブログのエントリーを読んで、
こんな文章が1年で書けるようになるのだろうかと遠い目になったのもつい最近に思えます。。


ここでサブカルゼミらしく(?)1本の映画を紹介します。
『6才のボクが、大人になるまで。』という映画です。
今も公開中なんですが、これが本当にジーンときました。
好きな映画マイベスト3に入るのではと言うくらいに!

主人公が6歳から大学入学をするまでの12年間を実際に12年かけて撮影して作品にしたもので、
演者が作品の時間と同じように大人になって歳を取っていくんです。
1つの大きなストーリーはありません。
シーンの積み重ねで12年が経っていきます。
この映画、主人公にとっての大きな出来事はもちろん描写されるのですが、
結構何ともないシーンも多いんですね。
クラスメイトの女の子と目が合ってお互いにやっとするシーン(その後付き合ったりするわけではない)とか、
通学路で会った街の変わり者をじーっと見るだけのシーン(その後その人は登場しない)とか。

それで、人生ってそういうなぜだかわからないけど忘れられない記憶が結構あるもんだなと気付きました。


ここで、話を私の学生生活に戻します。
私は2年生のプレゼミのときから合計3年間宮本ゼミでの時間を過ごしました。
私の大学生活は、宮本ゼミと趣味のアイドルオタクで成り立っていたといっても過言ではありません。
宮本ゼミに入っていなかったら私は学生時代を全て趣味に費やしていたのでは…と考えると、震えます!!笑

宮本ゼミの思い出として、卒論・文化祭・合宿だとか大きなものももちろんあるんですが、
それ以上に何ともない瞬間というのも数えきれないくらい覚えているんです。

例えば、文献購読のグループ発表のために夜遅くまで話し合った後に、
「とりあえず家で読んでみる、また明日ね。がんばろ…(へろへろ)」って手を振って別れたこと。
鈍行で1日かけて香川に行きうどんを食べた直後に、
あまりの眠気でそのままみんなうどん屋で寝そうになったこと。
展覧会見学の帰りの電車で先生と就職について話して、
電車からの流れる景色を見ながら考え事をしたこと。
…などなど、いっっっっぱいあるんです。

これ、私以外のほとんどの人には何ともないものに思うかもしれませんが、
私にとっては何ともなくないんです!
すっごい楽しかったとかすっごい大変だったとか上手く言い表せないものも含めて、いろんな感情が伴った瞬間なんです。
そういった瞬間がたくさんあるんです。

これって…超すごくないですか?


こうして振り返ってみると、宮本ゼミでの思い出が本当にたくさんあるなとびっくりします。
本当に幸せなことです。
手のひらにその記憶たちを乗せていったとしたら、きっと両手には納まらないくらい。

卒業をして、春になると大きく環境が変わります。
働き始めて忙しくなったらきっと目の前のことに必死で、
今は愛おしく眺めている記憶も忘れてしまうのかな?と思ったりもします。
でも、そうやって手のひらからこぼれ落ちていく記憶も足元に残ると思うんです。
しゃがみこんで下を向いたときにその記憶たちが支えになるときが来るのかもしれません。
こぼれ落ちていく記憶さえも愛しいです。

そんな思い出を一緒に作ってくれた人たちがいることに心から感謝します。
4期生のみんなありがとう。
先輩・後輩のみなさんも。
そして、宮本先生にはとびきりのありがとうを贈ります。


なんだかとっても感情的に書いてしまいました。
明るいエントリーにはなっていないかも…
でも前向きな内容ではあるので!
もちろん新しい思い出をこれからも作っていきたいです!
卒業後もよろしくね、みんなー(;;)

ではでは、長くなりました。
最後までお読みいただきありがとうございました!

次回は、ゼミの入室試験の提出締切時間ギリギリにホチキスを貸してくれた(これも忘れられない瞬間です。笑)
私の命の恩人・高柳さんです!

スポンサーサイト
2015/03/14 | 卒業にあたって | コメント(-) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。