スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
みんなちがって、みんないい

最近、すっかり暖かくなってきましたね!
本日の担当は、花粉症にやられてくしゃみは連続5回出ます、
篠崎です!

いや、山内さんのエントリ、相変わらず面白すぎでしたね!
私は山内さんのように面白いことはかけませんが、
お付き合いお願いいたします!


ではでは、4月から始まる新生活にワクワクしつつも、
正直、卒業する実感なんて1ミリもない私なのですが、
本題「卒業にあたって」、お話させていただきたいと思います。


私は2年生から宮本先生のプレゼミを取っていました。
3年からのゼミを選ぶときは留学をしていて、
「日本」について学びたかった私は
情報が少ない中、すごく悩みながらも
プレゼミがすごく面白かったことと先生のお人柄でゼミを決めました。

こないだ、ゼミ試の時に書いた課題が返却されましたが、
何故か「興味のあること:仏像」と書いていた自分がいました。
かぶれてますね!
面接はすごく緊張して、Skype越しで話すのに、
無駄に一生懸命歯磨きをして挑んだ覚えがあります。笑


さて、宮本ゼミで学んだことは沢山ありますが、
私がいちばん得た一番大きなものは、
「違うということを面白いと思えるようになったこと」だと思います。

私は、高校生の頃まで(いや、今でもそうだったらどうしよう笑)、
周りから「加奈はホントにワガママだなー」と言われるような、
自分の意見を通さないと気が済まないような人間でした。
自分の好みや価値観みたいなもの以外は受け入れられなくて、
友達とのおしゃべりでも「刺激」より「共感」とか「同意」を求めるタイプで、
我ながらとっても狭い人間だったと思います。

そんな私ですが、この国際日本学部に入り、
様々なバッググラウンドを抱えた人たちと知り合い、
私自身も留学を経験して
「自分が当たり前と思っていることが相手にとっては当たり前じゃないんだ」
という本当に当たり前のことに気づいたのです。
それはすごく些細なことに対してだったり、
根本的な文化の違いだったり、
「人生」みたいな大きなものに対してだったりするのですが、
自分とは違うなと思っても、
「この人はこういう考えの持ち主なのか」と
それをとりあえずそのまま受け入れることを身につけていきます。


そして、宮本ゼミに入り、それぞれあまりにも違うゼミ生に
ビックリするときがやってきます。
関西に旅行に行った時、初めて飲み会で
みんなの「趣味全開!!」な様子を目の当たりにし、
この人たちとこれからやっていけるのだろうかと
心底不安になりました。笑

しかし、徐々にそんなみんなと一緒にグループワークをしたり、
考えを聞くのがすごく楽しいと思えるようになりました。
一つの文献の、たった一文に関しても捉え方が全く違って
へえ、そういう考え方もあるのかと思ったり、
それについて何時間も話し合ったり、
同じ課題でも、みんなそれぞれ180度違う題材で取り組んでいたり、
そういうことを素直に面白いと思えるようになったこと、
それは私がこのゼミを通して成長したことだと思います。

高校生の私だったら、「興味ない」で終わっていたであろう
みんなの趣味に関しても、
「楽しそう」「知りたい」と思うようになり、
オススメを聞くほどになりました。
大好きなことを語っているみんなは、
うらやましいくらいすごくキラキラしていて、
とことん一生懸命で、本当に大好きです。

先生がたくさん連れて行ってくれた展覧会に関しても同じで、
好きじゃなさそうと思っていた展示がすごく楽しかったり、
「よく理解は出来ないけど、好き」という感覚に出会えたり。

ありきたりな言葉で言えば「興味の幅が広がった」ということなのですが
何にでも「やってみよう」「行ってみよう」と思えるようになったこと、
「あ、これ好きかも」と思うものが増えたこと、
人に関しても、モノに関しても
「どうしてだろう」「もっと知りたい」と思うことが出来るようになったこと、
これはこの何でも勉強できる学部で、
宮本ゼミといういろんな人が集まるゼミだからこそ
得ることが出来たものだと思っています。

そしてその環境の中でたくさんグループワークをさせてくれ、
新しい場所にたくさん連れて行ってくれた先生には
すごく感謝しています。


これから社会人になり、
どういう状況の中で生活するのか全く想像できませんが、
このゼミで学んだこと、
そして先生が最後の授業で教えてくださった
「人生には奥行きがあって、新しい経験は怖いけど楽しい」
ということを忘れずに、

違いに触れ、自分の「好き」をたくさん増やしつつ、
生きていきたいなと思います!


これでゼミブログを書くのもホントにおしまいなのかと思うと
すごく寂しくなります…
最後までお付き合いありがとうございました!

そして、ゼミ生のみんな、本当にありがとう!
卒業してもいっぱい遊ぼうね!!


次の担当は、すーぱーしっかりガール、土屋さんです!
最近、東南アジアを放浪していたようですが、どうだったのでしょうか!?
お楽しみに!!


スポンサーサイト
2015/03/19 | 卒業にあたって | コメント(-) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。