FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
私の東京〜地下鉄オタク(3歳)〜
みなさんこんばんは!
今日の担当は最近暑すぎて何もやる気力が起きない湯澤です。
いやー夏ってこんなに暑いんでしたっけ?
ここ一週間くらい太陽が我々を殺しにかかってきてるとしか思えないのですが……

そんな話はさておき、「私の東京」ですが、一応都民ではあるものの、大都会というわけでもない地域で育った私には「東京」に対してこれと言って特別な感情もなく、何を書こうか困っていました。
そんな中、前回の山内さんが東京メトロの路線図の写真を載せていて、ひらめきました。

実は僕、3歳の頃まで鉄道オタクだったんです。
特に地下鉄が大好きでした。

mail.jpeg
純粋無垢だったころの私
この写真だとわかりにくいですが、またがっているのが丸ノ内線、総武線、日比谷線のおもちゃで、手にもっているのが銀座線のおもちゃですね。
そばに転がってる本に載っているのも銀座線です。


そして、当時は荻窪に住んでいました。
荻窪というと東京メトロ丸ノ内線の始発駅です。
母は毎日私を抱いて東京中の地下鉄に乗せてくれました。
行きは楽しく乗っている私も帰りには大抵寝てしまっていたようです。
2歳の前には東京中の地下鉄を制覇し、荻窪からは遠い西葛西の地下鉄博物館にも頻繁に連れて行ってもらっていました。
地下鉄のおもちゃは30本、地下鉄関連の本は積み上げると当時の自分の身長を超えるほどにありました。
朝から地下鉄に乗りに出かけ、夕方に帰ってくると地下鉄のおもちゃで遊び、夜は地下鉄の本やビデオを見るという生活でした。

今になって考えるとすごく大変だったんだろうなあと思います……
お金も相当かかってそうですよね…
思う存分好き放題地下鉄に触れさせてくれた母を思うと本当に感謝しかないです。


そんな母のおかげで、東京中の地下鉄を乗り倒した私は3歳を迎える頃には地下鉄の種類や路線図を把握していたそうで、祖母に乗り継ぎを教えていたと聞きました。
自分自身に全く記憶がないのですが、我ながらすごくね?とちょっと思います(笑)

その後成長するにつれて興味の対象が戦隊ヒーローや野球、漫画、ゲーム、アニメと移り変わっていきましたが、好きなことに関する情報を徹底的にインプットすることが好きという部分は変わりません。
いわば、3歳の時点でオタクとし完成していたわけです…
だから、大学に入学した当初から描いていたリア充方面へのシフトチェンジは不可能なんですね。
書いていて悟りました……
これからは受け入れて生きていこうと思います……


話がとんでもなく逸れてしまいましたが、私にとっての東京とは、何かを徹底的に知ることの楽しさを教えてくれた場所と言えると思います。
多くの人、モノ、コトで溢れている東京は暮らしているだけで次々に情報が目に飛び込んできます。
生まれたばかりの小さい自分にとっては地下を走る電車の存在がそうであったように、スケールの違いはあれど強烈に興味を抱く何かがそこら中に転がっている場所、それが「私の東京」です。

とても抽象的なまとめになってしまいましたが、今回はここで終わりにしたいと思います。
次回はどんな「東京」なのか楽しみですね。
最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

スポンサーサイト
2013/07/12 | 私の東京 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。