FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
オレの相棒~NO 攻略本 NO LIFE~
こんにちは、今回の担当の西野です。

昨日今日と、僕たち4期生の卒論計画発表会がありました。
今回初めて4期生だけでなく、3期生の先輩方や後輩になる5期生の前での発表ということで、かなり緊張していたのですが、無事に終えることが出来て何よりでした。
とはいっても、今後研究していく上での課題もたくさん浮き彫りになったので、これからもっと大変になっていくんだろうなぁとひしひしと感じています。

また、今回5期生のみなさんと初めての顔合わせになりました。
みなさんナイスなキャラで、話していてとても面白かったです。
学園祭やスポーツ大会などもありますし、これからもっと仲良くしていきたいと思います!


さて、今回のブログのテーマですが、自分の相棒ということで、長年使ってるものって何か無いかなーと考えてみたのですが、意外と思い浮かばず、かなり悩みました。
で、悩みに悩んだ結果、あまり意識したことは無かったけど、もしかしたらこれなんじゃないかなぁと思えるものを発見。
それがこちら。
DSCF0038.jpg

これは1999年に発売されたプレイステーション用ソフト、モンスターファーム2の攻略本です。
このモンスターファーム2というゲーム、僕が今までにやってきたゲームの中で1番好きなゲームであり、これからも恐らくこれを超えるものは出てこないんじゃないかと思えるほどハマったゲームです。
今でもたまにやります。

で、ゲーム本体じゃなくてわざわざ攻略本を選んだのにはちゃんと理由があります。
このゲームはその名の通りモンスターを育て、大会に勝って殿堂入りを目指す、というものなのですが、いざ育てようとするとかなり時間がかかってしまいます。
暇なときは全然問題ないのですが、まとまった時間が取れないときは、このゲームに手を出しにくいんです。
本来ならセーブしながら少しずつ進めるのが普通だと思うのですが、なんとなく、こだわりといいましょうか、このゲームをやるときはぶっ続けでやりたくなってしまうのです。
セーブやロードをせずに一発勝負で育てるのがとても楽しいんですよ。
でもこのやり方だと、ふとやりたいと思ったときに出来ないことが多いんです。
そんなとき、布団の横に常備してあるこの攻略本を見て、間接的にゲームを楽しんでいます。
なので、ゲーム本体よりも、この攻略本に触れている時間のほうが圧倒的に長いので、こっちを選びました。

ちなみにこの攻略本なんですが、ゲームと同じ1999年に発売されたもので、もうかれこれ今年で15年目になります。
思っていた以上に長く使い続けていて、正直驚いています。


今回は長く愛用しているものということでこのゲームの攻略本を選びましたが、これに限らずゲームの攻略本って読んでいてとても楽しめるので、個人的にかなり好きです。
RPGならダンジョンの構造や敵キャラクター、レースゲームならコースの概要など、見ているだけでなんとなくゲームをやっているような感じになり、さらにものによっては開発時の原画や設定画、没キャラやスタッフのインタビューなども載っていて、ファンにとっては非常に嬉しいものだったりもします。
子供の頃はネットをあまり使わなかったので、攻略本を欲しがっていたのもいい思い出です。

今はネットで簡単に攻略サイトなどを調べることが出来るようになって、今の子供たちが攻略本に触れる機会が少なくなっているのかなぁとか考えると、ちょっと残念に思います。
まぁ、攻略本自体は新しいゲームが出るたびに出版されているので、全然読まれなくなっているわけではないと思うのですが、いつか無くなってしまいそうな気がして、わりと不安を感じています。
これからも子供たちにはあの攻略本独特の楽しさを味わい続けてもらいたいものです。


さて、今回相棒に上げた攻略本、モンスターファーム2マニアについてもっと語ろうとも思ったのですが、正直この本について語り始めたら文字数が大変なことになってしまうので、今回はここまでにします。
もしこれを読んでいる人で、昔やったゲームの攻略本を持っている人がいたら、たまには読んであげてください。
きっと今でも楽しめると思います。

次回の更新もお楽しみに!
スポンサーサイト
2014/01/22 | オレの相棒〜NO ◯◯ NO LIFE〜 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。