スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
え、わたしだけ…?

みなさまゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?
今回はオシャレ番長ギタリスト(自分で言うと恥ずかしい)こと高柳が担当させていただきます!
よろしくおねがいします!

さてさて前回の渡辺さんからのお題は…


「周りは静かで誰も笑ってないのに、自分だけ妙にツボっちゃって笑いたいけど笑える空気じゃない時に聴きたい曲」


む、むずかしい…

確かに実際こういう経験って何度かありますよね…
お葬式の時とか卒業式の時とか…笑ってはいけないときになぜか笑ってしまうのはなぜなんでしょうね。


そんなときに聴きたい曲ってなんだろう…と考えに考えました!



とりあえず、笑っちゃいけない、気持ちを落ち着けよう。うん。
笑っちゃいそうな気持ちが収まるようにゆったりしていて、かつ、そんな気持ちが萎えちゃうぐらいあほらしい曲。
見つけました!この曲!



モーモールルギャバン/サイケな恋人


紹介させていただくと、モーモールルギャバンは2005年に結成された、3ピースのバンドで、ベースとキーボードのツインボーカルとなっています。
実はこのバンド今年の5月からの無期限活動休止が決まってしまっているんです…残念。


この「サイケな恋人」という曲は最初ゆったりとしたイントロから始まり、気持ちが落ち着くようなメロディが始まります。
ボーカルの優しい歌声とメロディに「あれ?なにがおかしかったんだっけ?」とだんだんと笑いも収まってくるはず。


しかし、歌詞がちょっと残念なんです…
その残念な歌詞が笑いをさらに萎えさせてくれるのです。


最後の「Sayパンティー!パンティー!」と叫ぶ所なんかがその代表例なのですが…

清々しいまでのパンティコール!

最後の部分を聴いていると「あほだなあ」となんだか脱力してしまいます。
「パンティー!」と力強く叫ぶ声にもう笑いを通り越えて呆れすら感じます…笑



おまけにもう1曲紹介させていただきます!



笑える雰囲気ではないのだけど、自分だけ笑っちゃう時って

「え、笑ってるのわたしだけ…?なんでみんな笑ってないの…?」

なんて思っちゃったりして…自分だけがなんか笑いのつぼがおかしいのかなって考えちゃいますよね。
そんなときに聴きたいこの曲!



ゲスの極み乙女。/ノーマルアタマ


ゲスの極み乙女とは2012年結成されたバンドで、ほとんどの楽曲の歌詞にラップが盛り込まれています。
最近、高い演奏力とヒップホップを基調としたポップなメロディから人気を集めています。

この曲は「みんなノーマル」という最新アルバムに収録されている曲で、メンバーが不思議なダンスをするこのPVもすごく印象的な曲です。


「ノーマル男の君が怖い」
「みんなノーマル」

なんていう歌詞からも「ノーマルであることはそんなに大事なことなんかじゃない」
というようなメッセージがあるのかなという風に考えてこの曲を選びました!


あの瞬間に笑わなかったみんなはノーマル!
わたしはノーマルじゃない!それでいいんだ!イェイ!



自分だけ笑ってておかしいのかな…なんて考える事はないんです!
ちょっと人と違うツボを持っていてもいいんだと思うことができるのでは!
少なくともわたしはそう思います!笑


笑いそうになってしまったとき、ぜひぜひこの2曲を思い出してくださいね。


次回の担当は西野くんです。

お題は「ずっと見ていたアニメやマンガで応援していたキャラが好きな人とくっつくことがなく、作品が終わってしまったときに聴きたい曲

でお願いします!ではでは次回もお楽しみに!

スポンサーサイト
2014/05/02 | Hey!DJ! | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。